新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

CQ出版は、IoTネットワークでの活用が進みつつあるデータ通信技術「LPWA」をさまざまな面から解説した「エレキジャックIoT No.1 特集 100km圏一網打尽!広域無線センシング入門」を発売する。

photo

サブGHz(920MHz帯)による小電力データ通信技術LPWA(Low Power Wide Area)は、少電力で広範囲のデータ通信が可能なため、IoTネットワークなどでの活用が進みつつある。本書は、企業がLPWAデータ通信を導入する際の検討資料としての活用を想定している。

LPWA方式のうち、Sigfox、LoRaWAN、ELTRESおよびWi-SUN JUTAの各規格を対象に、児童見守り情報システムや遠隔地観測データ伝送システムなどの導入事例や、LPWAデータ通信の運用ための、受信局の設置方法、評価ボードを使ったLPWAデータ通信向けのプログラミング手法などを解説する。

トランジスタ技術編集部による編集で、B5判128ページ。価格が2200円(税込)。発売は2019年11月29日だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る