新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ARで遊びながら言葉や数字を学べる——幼児教育向けスマート文字ブロック「PleIQ」

AR(拡張現実)を取り入れた幼児教育用スマート文字ブロック「PleIQ」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PleIQは、未就学児童向けに開発された知育おもちゃで、各面に記されたアルファベットや数字、シンボルなどを、AR技術を使って遊びながら学べる。対象年齢は3~8歳で、学習だけでなく、ロジックや運動感覚などのスキルも上達するとしている。

photo

1セットに付きキューブが8個用意されており、各面にはアルファベットや数字(0~9)、計算式の記号などのシンボルが書かれている。スマートフォンなどのデバイスに専用アプリをインストールし、カメラでキューブを映し出すとそれぞれの面に応じたARが表示される。例えばアルファベットのJはジャガー(Jaguar)、Iはアイランド(Island)のARが表示され、スクリーン上からタッチすればインタラクティブな体験もできる。

photo

ARを取り入れることで好奇心をかき立て、創造性を育てるとともに、言語、ロジック、運動感覚、自然、音楽、形や空間の認識、人の感情や関係性の理解などのスキル向上に役立つとしている。

photo

またアプリでは、子どもの学習過程の進捗具合や理解度を示すレポートを自動で作成する「Lerning Platform」も利用できる。iOS/Android対応アプリは、無料でダウンロードできる。言語は英語、スペイン語に対応。

photo

PleIQは、今なら予定小売価格から20%オフの数量限定早割価格40ドル(約4300円)で入手できる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

PleIQは、2019年12月15日までクラウドファンディングを実施中。12月2日時点で、2万ドル(約217万円)の目標額に対して約2700ドル(約30万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る