新しいものづくりがわかるメディア

RSS


廃棄物だった魚の皮とウロコで、サスティナブルな生分解性バイオプラスチック「MarinaTex」を開発

英サセックス大学の学生が、魚の皮とウロコ、海藻を使って生分解性バイオプラスチック「MarinaTex」を開発、ジェームズダイソン財団が主催する「JAMES DYSON AWARD 2019」の国際最優秀賞を受賞した。MarinaTexは、通常のポリ袋よりも丈夫なうえ、使用後は家庭用コンポストで処理できる。

製品設計を学んでいたLucy Hughes氏は、水産加工場で発生する大量の廃棄物に心を痛め、そこに付加価値をつけることで再利用する道を探していた。一方、分解されないまま海中に漂う海洋プラスチックは、2050年には重量で魚を上回るという統計も発表されている。Hughes氏は、この2つの問題を解決するべく、廃棄物を利用した生分解プラスチックの開発に取り組んだ。

原料となったのは、廃棄された魚の皮とウロコだ。そこには柔軟性と強度のもととなるタンパク質が含まれている。さらに海藻の一種、紅藻をバインダーとすることで、半透明のフィルム、MarinaTexが完成した。同じ厚みのLDPE(低密度ポリエチレン)よりも引っ張り強度が強く、持続可能性という付加価値が品質の犠牲になっていないことを示していた。

さらに、MarinaTexは製造や廃棄に特別な施設を必要としない。有害な化学物質を排出することなく、家庭用コンポストで4~6週間で分解される。

Hughes氏によれば、1匹のタラからMarinaTex袋が1400枚も作れるという。今後も研究を重ね、食品用の使い捨てパッケージをはじめ、様々な場面でプラスチックの代替品となることを目指すとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  6. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  7. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  8. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  9. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  10. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る