新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウェブアプリでロボットを動かせる——Raspberry Piベースのロボットキット「Vigibot」

Raspberry Piを搭載したロボットキット「Vigibot」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Vigibotは、インターネット経由でロボットを自由にコントールできるシステム。ロボットに搭載されたPiカメラのマシンビジョンを見ながら、リアルタイムでロボットを走行させたり、グリッパーを操作したりできる。

photo

ロボットの操作には、サイトwww.vigibot.comへの登録とログインが必要だ。ウェブページのトップにある眠った顔のロボットアイコンが利用できるロボットで、クリックしてロボットを選ぶと緑色になる。ビデオフレームは映像の提供だけでなくロボットへのコントロール入力としても機能し、フレーム上でクリックやドラッグをすると、ロボットカメラのパンやチルトなどができる。また、隣にある操作アイコンやキーボードの方向キーを使ってもロボットのコントロールができる。

photo

ロボットアイコンの下には名前とping値が表示され、リアルタイムのレイテンシーモニタリングもバーグラフで表示される。現在はフランスにあるサーバー1台だけを提供しているため、同時接続できるユーザー数に限りがあるという。

photo Piカメラにサーボを組み込み、チルト、パンが可能だ

Vigibotロボットとして、4輪駆動の「4WD」と、4WDにグリッパー×2とカメラのパン/チルト機能を備えたスマイリングリングヘッドを搭載した「Minus」を用意している。4WDキットは149ユーロ(約1万7900円)、Minusキットは249ユーロ(約2万9900円)で提供する。どちらも組み立てにはんだ付けは不要だ。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は4WDキットが20ユーロ(約2400円)、Minusキットが12ユーロ(約1440円)だ。

photo オリジナルのグリッパーも提供する

Vigibotは、2019年12月19日までクラウドファンディングを実施中。12月3日時点で、5000ユーロ(約60万円)の目標額に対して約3000ユーロ(約38万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る