新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウェブアプリでロボットを動かせる——Raspberry Piベースのロボットキット「Vigibot」

Raspberry Piを搭載したロボットキット「Vigibot」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Vigibotは、インターネット経由でロボットを自由にコントールできるシステム。ロボットに搭載されたPiカメラのマシンビジョンを見ながら、リアルタイムでロボットを走行させたり、グリッパーを操作したりできる。

photo

ロボットの操作には、サイトwww.vigibot.comへの登録とログインが必要だ。ウェブページのトップにある眠った顔のロボットアイコンが利用できるロボットで、クリックしてロボットを選ぶと緑色になる。ビデオフレームは映像の提供だけでなくロボットへのコントロール入力としても機能し、フレーム上でクリックやドラッグをすると、ロボットカメラのパンやチルトなどができる。また、隣にある操作アイコンやキーボードの方向キーを使ってもロボットのコントロールができる。

photo

ロボットアイコンの下には名前とping値が表示され、リアルタイムのレイテンシーモニタリングもバーグラフで表示される。現在はフランスにあるサーバー1台だけを提供しているため、同時接続できるユーザー数に限りがあるという。

photo Piカメラにサーボを組み込み、チルト、パンが可能だ

Vigibotロボットとして、4輪駆動の「4WD」と、4WDにグリッパー×2とカメラのパン/チルト機能を備えたスマイリングリングヘッドを搭載した「Minus」を用意している。4WDキットは149ユーロ(約1万7900円)、Minusキットは249ユーロ(約2万9900円)で提供する。どちらも組み立てにはんだ付けは不要だ。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は4WDキットが20ユーロ(約2400円)、Minusキットが12ユーロ(約1440円)だ。

photo オリジナルのグリッパーも提供する

Vigibotは、2019年12月19日までクラウドファンディングを実施中。12月3日時点で、5000ユーロ(約60万円)の目標額に対して約3000ユーロ(約38万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る