新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウェブアプリでロボットを動かせる——Raspberry Piベースのロボットキット「Vigibot」

Raspberry Piを搭載したロボットキット「Vigibot」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Vigibotは、インターネット経由でロボットを自由にコントールできるシステム。ロボットに搭載されたPiカメラのマシンビジョンを見ながら、リアルタイムでロボットを走行させたり、グリッパーを操作したりできる。

photo

ロボットの操作には、サイトwww.vigibot.comへの登録とログインが必要だ。ウェブページのトップにある眠った顔のロボットアイコンが利用できるロボットで、クリックしてロボットを選ぶと緑色になる。ビデオフレームは映像の提供だけでなくロボットへのコントロール入力としても機能し、フレーム上でクリックやドラッグをすると、ロボットカメラのパンやチルトなどができる。また、隣にある操作アイコンやキーボードの方向キーを使ってもロボットのコントロールができる。

photo

ロボットアイコンの下には名前とping値が表示され、リアルタイムのレイテンシーモニタリングもバーグラフで表示される。現在はフランスにあるサーバー1台だけを提供しているため、同時接続できるユーザー数に限りがあるという。

photo Piカメラにサーボを組み込み、チルト、パンが可能だ

Vigibotロボットとして、4輪駆動の「4WD」と、4WDにグリッパー×2とカメラのパン/チルト機能を備えたスマイリングリングヘッドを搭載した「Minus」を用意している。4WDキットは149ユーロ(約1万7900円)、Minusキットは249ユーロ(約2万9900円)で提供する。どちらも組み立てにはんだ付けは不要だ。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は4WDキットが20ユーロ(約2400円)、Minusキットが12ユーロ(約1440円)だ。

photo オリジナルのグリッパーも提供する

Vigibotは、2019年12月19日までクラウドファンディングを実施中。12月3日時点で、5000ユーロ(約60万円)の目標額に対して約3000ユーロ(約38万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る