新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デロイト トーマツ、オープンイノベーションプラットフォーム「six brain」を提供——スタートアップと大手企業の協業を支援

デロイト トーマツ ベンチャーサポート(DTVS)は、SaaS型オープンイノベーションプラットフォーム「six brain」を開発、第1弾としてプラットフォーム上でスタートアップと大手企業を最短1分間で結びつける協業支援サービスの提供を開始することを発表した。

photo

同社によると、近年スタートアップと大手企業とのオープンイノベーションが活発に行われ、その推進のためのアクセラレーションプログラムも盛んに実施されている。しかし、これらは大手企業がスタートアップに対して新規性の高いアイデアを出させるためのビジネスコンテストになりがちで、スタートアップに対する負担が大きいなどの批評が高まっている。このような背景から、効率的かつ高精度でマッチングを行う場の提供が求められていたという。

photo

six brainは、DTVSがこれまで数多く実施してきたスタートアップと大手企業の事業提携を目的としたイベントによって収集した1500件以上の協業情報および知見を活用して開発された。スタートアップと大手企業が自社の情報を入力するだけで、大手企業が最適なスタートアップの情報と、どのように協業すればよいのかのリコメンドを受けることができる。

AIによって大手企業の課題とスタートアップのビジネスモデルや業界、商材などの情報との相関関係を、DTVSが所有する過去の協業データに基づいて分析。協業案を自動作成する。これにより大手企業は従来自社ネットワークではアプローチできなかったスタートアップに対しても協業のオファーができるようになるとしている。

その他、同社のコミュニケーションマネージャーが、担当者同士の相性や予算、意思決定フローなどを元にして確度の高い案件を絞り込めるようにサポートしたり、ダッシュボード上で協業案件の進捗度合いを可視化する機能も提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る