新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ノンプログラミングでIoTシステムを構築できる——CANDY Pi Liteシリーズの超低容量通信/LTE通信ボードを2種リリース

CANDY Pi Lite構成例

インヴェンティットは、「CANDY Pi Lite+ マルチキャリア」/「CANDY Pi Lite LTE-M」の販売をAmazonにて開始した。

同社が提供するゲートウェイ向け開発環境「CANDY RED」、クラウド環境「CANDY EGG」と組み合わせ、ノンプログラミングでIoTシステムを構築できる。建築現場作業員の健康管理や、工場の品質管理工程などに応用可能だ。

CANDY Pi Lite+ マルチキャリアはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに加えて、IIJなどのMVNOや、マルチキャリアに対応した3G/4G LTE/GNSS対応通信ボードだ。

また、CANDY Pi Lite LTE-Mは、既存LTE回線を活用したLPWA通信が可能なLTE-M(LTE Cat.M1)/GNSS対応通信ボードだ。ソフトバンクのNB-IoT(LTE Cat. NB1)にも対応しており、FCC/CE取得済みモジュールを搭載したグローバルモデルのため、海外での利用にも対応する。

どちらもRaspberry Pi/ASUS Tinker Boardに対応しており、本体寸法は65×24mm、重量は31.8gとなる。価格は、CANDY Pi Lite+ マルチキャリアが2万878円、CANDY Pi Lite LTE-Mが1万3178円(どちらも税込)だ。

各ボードにRaspberry Pi本体、SIMカードおよびmicroSDカード、ACアダプターは付属せず、対応SIMサイズはnanoSIMとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る