新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ノンプログラミングでIoTシステムを構築できる——CANDY Pi Liteシリーズの超低容量通信/LTE通信ボードを2種リリース

CANDY Pi Lite構成例

インヴェンティットは、「CANDY Pi Lite+ マルチキャリア」/「CANDY Pi Lite LTE-M」の販売をAmazonにて開始した。

同社が提供するゲートウェイ向け開発環境「CANDY RED」、クラウド環境「CANDY EGG」と組み合わせ、ノンプログラミングでIoTシステムを構築できる。建築現場作業員の健康管理や、工場の品質管理工程などに応用可能だ。

CANDY Pi Lite+ マルチキャリアはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに加えて、IIJなどのMVNOや、マルチキャリアに対応した3G/4G LTE/GNSS対応通信ボードだ。

また、CANDY Pi Lite LTE-Mは、既存LTE回線を活用したLPWA通信が可能なLTE-M(LTE Cat.M1)/GNSS対応通信ボードだ。ソフトバンクのNB-IoT(LTE Cat. NB1)にも対応しており、FCC/CE取得済みモジュールを搭載したグローバルモデルのため、海外での利用にも対応する。

どちらもRaspberry Pi/ASUS Tinker Boardに対応しており、本体寸法は65×24mm、重量は31.8gとなる。価格は、CANDY Pi Lite+ マルチキャリアが2万878円、CANDY Pi Lite LTE-Mが1万3178円(どちらも税込)だ。

各ボードにRaspberry Pi本体、SIMカードおよびmicroSDカード、ACアダプターは付属せず、対応SIMサイズはnanoSIMとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る