新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイバーマトリックス、脆弱性診断サービスにIoTデバイスに特化したサービスを追加

サイバーマトリックスは、自社の脆弱性診断サービスに、IoTデバイスに特化したサービスを追加した。

同サービスはIoTデバイスのハードウェアやファームウェアに加え、IoT内で稼働するWebサービスやネットワーク上の脆弱性を検査し、適切な対策が取れるよう支援する。

サービス内容に応じてベーシック/ビジネスの2種類をラインアップ。ベーシックはツールで診断を実施し、専門家により診断結果を精査する。一方、ビジネスはツールだけでは診断が難しい箇所を手動で検査し、検査の網羅性を広げ潜在的な脆弱性を目的とする。

価格はベーシックが60万円から、ビジネスは100万円からとなる。IoTデバイス内で提供している、データ入出力が伴う機能数によって価格が変動する仕組みだ。

診断日数はビジネスが8日~、ベーシックが5日~となり、ビジネスには報告書の説明会や脆弱性に対するコンサルティング、脆弱性箇所の再検査などのオプションサービスも用意している。

主な診断項目は以下の通りだ。

  • パスワード/複雑さ、ハードコードの有無
  • ネットワークサービス/不要なサービスの確認
  • アップデート/ファームウェアのアップデート方法
  • ソフトウェアのバージョン/脆弱性の有無
  • データ転送/暗号化
  • デフォルト設定/設定不備、未設定項目
  • Webアプリケーション/管理コンソール
  • ファームウェアの抽出/電子基板(ICチップ)、ネットワークからのファームウェア抽出
  • コンソール画面/デバッグ情報の漏洩確認

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る