新しいものづくりがわかるメディア

RSS


農業IoTシステムを半額以下に——スマート農業システム「Agri Palette」がMakuakeに登場

スマート農業システム「Agri Palette」がMakuakeにて出資を募っている。環境データをセンサーで取得し、Wi-Fi経由でデータベースに記録、アプリで可視化するシステムだ。従来の農業IoT向け無線型センサーシステムと比べて、価格を半額以下に抑えられたとうたっている。

photo

収集できるデータは「土壌水分量」「土壌温度」「土壌EC」「土壌pH」「気温」「湿度」「二酸化炭素濃度」「日照量」の8種類。データはWebサイト上に表示され、栽培や農作業などに役立てることができる。

計測したデータは、数字、グラフ、積算グラフなどで確認できる。閾値を超えた場合に、通知する機能も備える。環境を見える化することで品質、収量、収穫時期のコントロールや、圃場の現状の情報共有に活用できると見込んでいる。

photo

使い方は受信機となるゲートウェイのWi-Fiを設定し、センサーの電源を入れるだけ。近くにWi-Fiルーターがない場合には、ポケットWi-Fiなどの利用をすすめている。

センサーは電池駆動、電池交換なしで1年間は使用可能だ。LPWAによる直接通信で600m先までデータを送信し、ゲートウェイがWi-Fi経由でデータをサーバへアップする。中継機を追加することで、直接通信の距離をさらに600m延長できる。

photo

また、システム開発会社向けに、デベロッパーキットを含むリワードも用意。Webhookを使って設定したURLに任意のセンサーデータを送信できるようになる。その機能を活用して、IoTBaseなどの3社がサービス開発する計画があるという。

photo

リワードとしては、各種センサーやゲートウェイを組み合わせたさまざまなプランが用意されている。一例として、温湿度センサーとゲートウェイがセットになったミニマムセットの早割り価格は4万5000円(税込)、温湿度とECを計測できる土壌合体センサー、土壌pHセンサー、温湿度センサー、照度センサー、CO2センサー、ゲートウェイが含まれるフルセットの早割り価格が16万5000円(税込)となる。利用時にはこのほかにも、ウェブサービス利用料として7カ月目以降に1アカウントにつき980円(税別)が必要になる。

photo

Agri PaletteはMakuakeにて2020年2月28日までクラウドファンディングを実施する。目標額200万円に対し、2020年1月6日時点で296万円以上を集めている。Agri Paletteの発送は2020年5月末までになる見通しだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る