新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空気質モニターからスマート農業まで——環境センサーIoTゲートウェイ「PULSE」

環境センサーIoTゲートウェイ「PULSE」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PULSEは、温度や湿度といった環境情報をクラウドに送るためのゲートウェイ。I2CやUART対応のマルチポートやI/Oモジュールを採用し、さまざまなセンサーやアクチュエーターを簡単に接続できる。

photo

1.8W太陽電池を搭載し、防水仕様でワイヤレス通信も搭載しているので、屋外でも利用可能だ。本体上面にアンテナを格納し、本体下面には2つの防水マルチポートや充電用のUSBポート、外部SIM用のスロットも用意している。2G、3G、LTE、Wi-Fi、Bluetooth、LoRa、FSKに対応する。

photo

本体にはスライド式の拡張I/Oモジュールまたは空気質モジュールのどちらかを組み込めるほか、さらに高度なセンサーと組み合わせて目的に応じたIoT環境モニタリングシステムを構築できるように、4種類のセンサーキット「NERO(水質)/SKY(天候)/AIR(空気質)/TERRA(土壌水分)」を用意している。

photo

たとえば、土壌センサーと灌漑バルブを組み合われば、自動水遣りシステムが構築できる。データの収集と自動化に必要な基本ツールは組み込み済みで、ダッシュボードで状況が確認できる。ビジュアルブロックまたはスクリプトを利用して、システムのカスタマイズもできる。

photo

早割価格は79ユーロ(約9500円)で、センサーキット1種類を追加したPULSEキットは249ユーロ(約3万円)。デフォルトのモデムは2G対応で、30ユーロ(約3600円)追加すれば、4G通信へのアップグレードできる。出荷は2020年9月の予定で、送料は別途必要だ。

PULSEは、2020年1月20日までクラウドファンディングを実施中。1月6日時点で、目標額2万5000ユーロ(約300万円)を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る