新しいものづくりがわかるメディア

RSS


植物で作られた人工の豚肉がCESに、試験提供も近々開始の予定 #CES2020

食品テクノロジー企業である米Impossible Foodsが、アメリカのラスベガスで開催された国際見本市「CES 2020」で、植物由来の原材料から作られた人工豚肉「Impossible Pork」と人工豚肉ソーセージ「Impossible Sausage」のサンプルを出展した。

Impossible Pork

Impossible Foodsは、植物由来の人工肉を製造開発するスタートアップだ。2016年には人工牛肉を使ったハンバーガー「Impossible Burger」を発表し、今では、アメリカ、シンガポール、香港、マカオのレストラン1万7000軒以上で展開している。

Impossible Pork

今回サンプル出展されたImpossible PorkとImpossible Sausageは同社の新製品だ。

Impossible Porkは、動物ホルモンを一切含まない植物性の人工ひき肉。グルテンや抗生物質も含まれていない。タンパク質の量は本物の豚肉よりわずかに少ないだけなのに、脂質やカロリー量は大幅に少ないのが利点だ。同社の発表資料によると、4オンス(約113g)当たりの差は、タンパク質1g、脂質19g、カロリー130キロカロリーとなっている。

Impossible Pork

一方、Impossible Sausageは植物を原料とする人工豚肉で作られたソーセージだ。こちらは普通の豚肉ソーセージと比べると、2オンス(約57g)当たりでタンパク質の量は同等程度だが、脂質は12g少なく、カロリーも90キロカロリー低い。Impossible Sausageは、2020年1月後半にアメリカのバーガーキング139店舗限定で試験提供を開始する予定だ。

Impossible Sausage

Impossible FoodsのCEOであるPatrick O. Brown博士は「当社の製品ラインアップを世界中で好まれている食べ物にまで急速に広げているところだ。食物連鎖の中から動物を除外し、世界のフードシステムを持続可能なものとするまで、私たちが止まることはない」と話している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る