新しいものづくりがわかるメディア

RSS


どこでも演奏できる手のひらサイズの電子楽器「Orba」——Kickstarterで1億円超えの支援を集める

シンセサイザー、ルーパー、MIDIコントローラーをひとつにした、手のひらサイズの電子楽器「Orba」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

Orbaは、軽く触れるだけで様々な音が鳴らせる携帯型の電子楽器だ。楽器の経験がない人でも、どこでも楽しく音楽を演奏できる。

photo

グループフルーツを横に切ったような形で、上面の8つの高感度タッチパッドとセンターのメニューボタンに、様々な機能が割り当てられている。マルチカラーLED、3.5㎜ヘッドフォン端子やスピーカーも内蔵し、USB充電式バッテリーで動作する。

photo

本体に加速度計とジャイロスコープを内蔵しており、パッドを押したりなでたり、本体を傾けたり振ったりと、10種類の音の出し方が可能だ。ルーパー機能で、ドラム、ベース、コード、リードパートを重ねていけば、ひとりでもバンドのような演奏ができる。

photo

ビルトインされたシンセサイザーですぐに演奏できるほか、専用アプリを利用すれば、作った曲の保存や編集、SNS上でシェアもできる。アプリは、Mac、Windows、iOS、Androidに対応。音楽作成ソフトにエクスポートすれば、一段上の作曲ができる。また、BluetoothまたはUSB-C経由でMIDI出力できる。MIDIアプリやMIDI対応DAWとも互換性があり、Orbaをマウス代わりに使うことも可能だ。

photo

特別価格は89ドル(約9700円)。出荷は2020年4月の予定で、日本への送料は18ドル(約2000円)だ。

Orbaは、2020年1月13日までクラウドファンディングを実施中。1月9日時点で、5万ドル(約547万円)の目標額を大幅に上回る約111万ドル(約1億2000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る