新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本最大級のテクノロジーDIYイベント「Maker Faire Kyoto 2020」、出展者などの募集を開始

オライリー・ジャパンが2020年1月9日、日本最大級のテクノロジーDIYイベント「Maker Faire Kyoto 2020」の開催日程を公開し、出展者とスポンサー企業の募集を開始した。

Maker Faire Kyotoは、ものづくりの作り手である「メイカー」たちの発表と交流の場だ。開催日時は2020年5月2~3日。場所は、140を超える研究施設、大学施設、文化施設を擁している京都府のけいはんな学研都市にある「けいはんなオープンイノベーションセンター」となる。

今回開催される「Maker Faire Kyoto 2020」では、約220組の出展が予定されている。AI、VR、3Dプリンターなどのテクノロジーを取り入れたユニークなハードウェア、ロボット、自作楽器、自作の乗り物などの作品を作るメイカーが、日頃の活動の成果を発表する予定だ。

出展の申し込みはウェブサイトで受け付けており、締め切りは2020年2月6日13時まで。入場料は前売り券が大人800円、18歳以下300円。当日券は大人1000円、18歳以下500円(いずれも税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  3. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  4. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. アイアンマン風ジェットスーツ、試験飛行に成功——徒歩25分かかる救助現場へわずか90秒で到着
  8. Autodesk、3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」の新規エクステンション4種をリリースへ
  9. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  10. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る