新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブロックチェーン技術でプライバシー保護を強化したホームセキュリティーカメラ「Ucam」 #CES2020

ブロックチェーン技術やエンドツーエンド暗号化を用い、プライバシー保護に重点を置いた次世代ホームセキュリティーカメラ「Ucam」が、ラスベガスで開催された「CES 2020」でイノベーションアワードを受賞した。

Ucamは、1080pのライブストリーム動画を直接モバイルデバイスに転送するホームセキュリティーカメラだ。ユーザーはUcamで家の内外を撮影し、外出先からスマートフォンアプリで映像を見ることができる。

プライバシー保護機能を重点的に強化し、ユーザー自身が完全にコントロールできるようにしている点がUcamの特徴だ。

Ucamで撮影された映像は即座に暗号化され、権限を与えられたデバイスでないと復号できない仕組みになっている。エンドツーエンド暗号化されるので、通信の際に傍受されても盗み見される心配はない。

IoTeX

開発元のIoTeXはもともとオープンソースプラットフォームとして設立。Ucamの権限付与にはIoTeXが開発したブロックチェーンを使用している。権限は、第三者による改ざんを防ぐスマートコントラクトで付与され、ユーザー本人しか権限の設定や変更はできない。誰がどの動画をどのくらいの長さまで視聴できるかまで指定できる。

その他に、360度撮影、長距離ナイトビジョン、モーションディテクション(動体検知)、Ucamとスマートフォンとの双方向オーディオなどの機能を備えている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る