新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始

日本3Dプリンターは、同社が日本総代理店を務める3Dプリンター「Raise3D」で利用可能なフィラメントのラインナップ拡充をめざす「RAISE3D日本OFP(オープンフィラメントプログラム)」を開始した。

同プログラムでは、自社純正のフィラメントに限らず、サードパーティーのフィラメントも顧客のニーズに応じてリサーチ。国内で造形テストを実施後、フィラメントと造形パラメーターを顧客に提供する。

2020年1月現在、日本3Dプリンターが国内で純正として提供しているフィラメントはメーカー純正の約5種類を含めて約20種類だ。Raise3Dで活用可能なサードパーティー製フィラメントを順次テストして、ラインナップの拡充を目指す。

また、フィラメントのニーズの多様化に対応し、ABSやPLAでは満たせない用途やニーズに適応したフィラメントを純正として提供する。

現在、Clariant製のFR難燃(V-0)系フィラメント、Copper3D製のFDA認証フィラメント、BASF製の機能型フィラメントなど全20種類をテストしており、Raise3Dでの活用を確認次第、ラインナップに追加する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る