新しいものづくりがわかるメディア

RSS


未来のAIアスリートを発掘 ——「シンギュラリティバトルクエスト」第0回認定競技会開催

シンギュラリティバトルクエスト実行委員会は、「シンギュラリティバトルクエスト」の第0回認定競技会を2020年1月19日に開催する。

本プロジェクトは、18歳以下の全ての高校生や専門学校生を対象とするスペシャルプログラムだ。本プロジェクトのために独自に開発した競技用教材を使用して、人工知能(AI)のエキスパート「AIアスリート」を養成する。

第0回認定競技会におけるバトルクエストは、以下の5カテゴリーに分類されている。

  • データクエスト(DQ):データサイエンス関連
  • サイバークエスト(CQ):サイバーセキュリティ関連
  • ロボクエスト(RQ):ロボティクス関連
  • UXクエスト(XQ):UI/UX、デザイン思考関連
  • AIクエスト(AQ):人工知能全般

各カテゴリーの競技内容は以下の通りだ。

  • DQ:東京23区の過去のデータを分析して、指定日の統計値をAIに予測させる
  • CQ:情報セキュリティの実践的な課題に、何問解答できたかを競う
  • RQ:AIロボットカーを組み立て自立走行させるタイムトライアルレース
  • XQ:チャットボットの自然な応答シナリオをデザインする
  • AQ:じゃんけんを機械学習したAIと人間が対戦し、勝率と処理速度を競う

開催日時は2020年1月19日の13時~18時。会場は日本橋室町三井タワー TRI-AD特設会場(東京都中央区日本橋室町3丁目2-1)だ。

優勝チームや準優勝チーム、第3位チームにはメダルが贈られる。また、参加者全員にAIアスリート認定証が授与される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  3. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  4. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  5. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  6. 高さ1800mmサイズで大型造形可能——ミマキエンジニアリング、GDP方式の大型3Dプリンター「3DGD-1800」発売
  7. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  8. レーザー加工機の使用により1つ2分で作成可能——東京メイカー、新型コロナウイルス対策用のフェイスガードを作成
  9. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  10. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る