新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

Makeblockは2020年1月17日、デスクトップ型スマートレーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始した。

LaserboxはIllustratorやCADで作成したデータの取り込み機能に加え、内蔵した超広角カメラにより手描きのイラストや写真を1クリックで取り込める、スマート画像抽出機能を搭載している。

AIによる視覚化アルゴリズムで素材を自動識別し、素材に応じたレーザーの軌道やパラメータを自動で設定できるため、ワンタッチで切断や彫刻が可能だ。また、初心者でも使いやすい専用ソフトウェアと複数の安全機能が搭載されており、子どもでも簡単かつ安全に使用できる。

レーザータイプはCO2レーザーで、出力は40W。外形寸法は958×528×268㎜、重さは43.5kg、作業エリアは500×300mmで、点描の深さの最大値は15mm(桐板)だ。

JPG、PNGの他、BMPやTIFF、DXF、SVG、CR2などのファイル形式に対応し、デザインソフトはPhotoshopやIllustrator、CorelDRAW、AutoCAD、AutoDraw、SolidWorksなどに対応する。

紙や段ボール紙、木、アクリルに加えて、布や革、下敷き、ABS樹脂版、PET、人工大理石などの素材が使用可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る