新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始

Makeblockは2020年1月17日、デスクトップ型スマートレーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始した。

LaserboxはIllustratorやCADで作成したデータの取り込み機能に加え、内蔵した超広角カメラにより手描きのイラストや写真を1クリックで取り込める、スマート画像抽出機能を搭載している。

AIによる視覚化アルゴリズムで素材を自動識別し、素材に応じたレーザーの軌道やパラメータを自動で設定できるため、ワンタッチで切断や彫刻が可能だ。また、初心者でも使いやすい専用ソフトウェアと複数の安全機能が搭載されており、子どもでも簡単かつ安全に使用できる。

レーザータイプはCO2レーザーで、出力は40W。外形寸法は958×528×268㎜、重さは43.5kg、作業エリアは500×300mmで、点描の深さの最大値は15mm(桐板)だ。

JPG、PNGの他、BMPやTIFF、DXF、SVG、CR2などのファイル形式に対応し、デザインソフトはPhotoshopやIllustrator、CorelDRAW、AutoCAD、AutoDraw、SolidWorksなどに対応する。

紙や段ボール紙、木、アクリルに加えて、布や革、下敷き、ABS樹脂版、PET、人工大理石などの素材が使用可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る