新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔認識機能を搭載——パワービジョン、自動AIカメラ「PowerEgg X」を日本で発売

パワービジョンは2020年1月16日、自動AIカメラ「PowerEgg X」を日本で予約販売を開始すると発表した。

PowerEgg XはAIカメラ/手持ちの手ぶれ補正カメラ/録音可能な飛行カメラをひとつに融合した製品だ。

AIカメラモードでは、ディープラーニングによる自動顔認識により、ターゲットの顔認識が可能だ。オートフレーミング機能を搭載しており、170°の追尾視野角でターゲットの顔をロックする。ロック記憶機能も備えており、ターゲットが視野角外に出ても、再び視野角内に戻れば自動的に再ロックする。

さらに、ディープラーニングにより大量のジェスチャーデータを保存し、さまざまなジェスチャーを用いて撮影、録画、追尾、合同撮影などの機能を実行できる。

ドローンモードでは4K/60fpsカメラと、三軸機械式ジンバルを使用したぶれ補正技術により、手軽にダイナミックな空撮が可能だ。高い耐風能力により、海辺など風が強い環境下でも安定して飛行できる他、防水アクセサリーを装着することで水上離着陸や雨天時の飛行にも対応する。

SyncVoice音声画像合成技術により、スマートフォンのマイクやワイヤレスイヤホンなどを利用して、ポータブルな録音が可能だ。自動で音声とカメラのビデオを合成し、音と映像を同期できる。

ドローンモードでの航続時間は30分で、AIカメラモードでは3.5時間以上の使用が可能だ。

自律式パーソナルAIカメラ+ドローンのエクスプローラー版、防水パーツ(水面離着陸と雨中飛行機能)が付属するウィザード版の2種類をラインアップ。価格はエクスプローラー版が9万9900円、ウィザード版が14万6900円だ。製品の発送は2020年1月23日以降となる。

PowerEgg Xは2020年1月7~10日にラスベガスで開催されたCES 2020に出展し、TOP INNOVATION CES 2020などの賞を受賞している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る