新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔認識機能を搭載——パワービジョン、自動AIカメラ「PowerEgg X」を日本で発売

パワービジョンは2020年1月16日、自動AIカメラ「PowerEgg X」を日本で予約販売を開始すると発表した。

PowerEgg XはAIカメラ/手持ちの手ぶれ補正カメラ/録音可能な飛行カメラをひとつに融合した製品だ。

AIカメラモードでは、ディープラーニングによる自動顔認識により、ターゲットの顔認識が可能だ。オートフレーミング機能を搭載しており、170°の追尾視野角でターゲットの顔をロックする。ロック記憶機能も備えており、ターゲットが視野角外に出ても、再び視野角内に戻れば自動的に再ロックする。

さらに、ディープラーニングにより大量のジェスチャーデータを保存し、さまざまなジェスチャーを用いて撮影、録画、追尾、合同撮影などの機能を実行できる。

ドローンモードでは4K/60fpsカメラと、三軸機械式ジンバルを使用したぶれ補正技術により、手軽にダイナミックな空撮が可能だ。高い耐風能力により、海辺など風が強い環境下でも安定して飛行できる他、防水アクセサリーを装着することで水上離着陸や雨天時の飛行にも対応する。

SyncVoice音声画像合成技術により、スマートフォンのマイクやワイヤレスイヤホンなどを利用して、ポータブルな録音が可能だ。自動で音声とカメラのビデオを合成し、音と映像を同期できる。

ドローンモードでの航続時間は30分で、AIカメラモードでは3.5時間以上の使用が可能だ。

自律式パーソナルAIカメラ+ドローンのエクスプローラー版、防水パーツ(水面離着陸と雨中飛行機能)が付属するウィザード版の2種類をラインアップ。価格はエクスプローラー版が9万9900円、ウィザード版が14万6900円だ。製品の発送は2020年1月23日以降となる。

PowerEgg Xは2020年1月7~10日にラスベガスで開催されたCES 2020に出展し、TOP INNOVATION CES 2020などの賞を受賞している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る