新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始

IoTBASEは、LPWAN(Low Power Wide Area Network)の規格である「ZETA」との接続対応を行い、同社が提供するIoTクラウドサービス「IoTCanvas」と、8種類のセンサーを組み合わせたIoTトライアルパックの提供を開始したと発表した。

photo

ZETAは、英ZiFiSenseが開発したLPWAN規格で、超狭帯域(Ultra Narrow Band)による多チャンネルでの通信、マルチホップメッシュネットワークによる分散アクセス、低消費電力による双方向通信などを実現するIoTに適した規格だ。

IoTCanvasは、デバイス/回線/アプリをワンストップで提供し、IoTを活用することで、現場の見える化で業務課題を解決するIoTクラウドサービス。センサーと回線をパッケージ化した用途別パックを組み合わせるだけで、課題にあったIoTデータのモニタリング環境ができあがる。 今回の接続対応により、ZETAに対応した照度、温度、温湿度、人感、漏水、水位、水圧、ドア開閉の8種類のセンサーの情報を、アプリ上で確認できるようになった。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る