新しいものづくりがわかるメディア

RSS


EEGヘッドセットと連携——脳フィットネスやヨガの効果を高める「SmartBrainFit」

脳フィットネスやヨガの効果を高めるデバイス「SmartBrainFit」がKickstarterに登場し、支援者を募っている。

SmartBrainFitは、EEG(Electroencephalogram)ヘッドセットと呼ばれる脳波計と連携して使うデバイス。EEGヘッドセットの内蔵センサーが測定する脳波データを処理して、脳の状態を光、音、振動でフィードバックする。SmartBrainFitを使って、目標とする黙想や集中レベルに脳の状態が達しているかどうかを知ることにより、いわゆる脳フィットネスやヨガの効果を高めることを目的としている。

SmartBrainFit

SmartBrainFitは、EEGヘッドセットにNeuroSkyの「MindWave Mobile 2」を使い、Bluetooth通信で接続する予定だ。発光、振動などのしきい値はPCで設定する。

SmartBrainFit

脳フィットネスやヨガのほか、SmartBrainFitは、ニューロフィードバックにも有効だという。ニューロフィードバックは、望ましい脳波が現れると音や光などでフィードバックを与えることにより、脳が自律的な学習を行うバイオフィードバック技術だ。もともとは神経障害の治療のために研究されてきたものだが、近年は、スポーツや音楽のパフォーマンス能力向上、宇宙飛行士やF-1ドライバーの訓練などに応用されている。

SmartBrainFit以外にもさまざまなニューロフィードバック用デバイスが市販されているが、使用する場合は専門知識のあるセラピストの指導を受けた方が良いだろう。

SmartBrainFit

SmartBrainFitの価格は100ドル(約1万1000円)で、MindWave Mobile 2付きのパッケージは200ドル(約2万2000円)。出荷は2020年3月の予定で、日本への送料は15ドル(約1600円)だ。

SmartBrainFitは1万2000ドル(約130万円)を目標に、2020年2月3日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る