新しいものづくりがわかるメディア

RSS


屋内測位ソリューションを簡単に構築——東京エレクトロンデバイス、「Cassiaロケーショニングキット with Azure」発売

東京エレクトロンデバイスは、BluetoothルーターやBluetoothビーコンなどをセットにし、屋内測位ソリューションを容易に構築できる「Cassiaロケーショニングキット with Azure」を発売した。

photo

Cassiaロケーショニングキット with Azureは、Cassia NetworksのCassia Bluetoothルーター、Microsoft Azure上で稼働する管理コンソール(Cassia IoTアクセスコントローラー)、およびラピスセミコンダクタのBluetoothビーコンなどをセットにした屋内測位ソリューション構築キットだ。ビーコンを装着した資産などの位置情報をBluetoothルーターで収集し、管理コンソールによって可視化する。同キットを活用することで、測位ツールやシステム開発が不要になり、測位ソリューションを低コストかつ短期間で構築できる。

Cassia Bluetoothルーターは長距離通信が可能なため、ルーターの設置台数および設置作業工数が抑制できる。またBluetoothビーコンは約2年の長期稼働により電池交換のための運用負荷や運用コストが削減できる。

photo

キット内容は、Cassia Networks E1000 Bluetooth ルーター×4、ラピスセミコンダクタ Bluetoothビーコン×5、E1000 管理ツール(IoTアクセスコントローラー)5年間ライセンス×1、Azure利用料金2万円分、構築手順書およびAzureアカウント登録申込書となっており、価格は29万8000円(税別)だ。

同社では、工場やオフィスでの資産管理、介護施設や作業現場での人の見守り向け用途として販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る