新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース

マクニカは2020年1月24日、同社の「SENSPIDER」に、カスタムAIモデル/データ処理を実装できる開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリースした。

SENSPIDERは、広帯域振動センサーなどのアナログセンサーデータを取得し、その場でAIの解析/判定結果を出力できるセンサーゲートウェイ&エッジコンピューティング端末だ。

センサー信号のサンプリングからエッジでのカスタムAIモデル/データ処理までを1ユニットで完結でき、振動センサーなどから得たデータを活用したコンディションモニタリング、異常検知、予知保全などに利用できる。

今回リリースしたSENSPIDER Developers Packageにより、それぞれの環境に適したAIモデルを使い、より精度の高いシステム構築が可能となる。

システム構成図 システム構成図

SENSPIDER Developers Packageは、SENSPIDERのユーザーサポートサイトから無償でダウンロード可能だ。ユーザーカスタムのアルゴリズムをSENSPIDERに実装するために必要なAPIを用意しており、データ処理/AI推論モデルはPythonスクリプトで実行する。

ユースケースとして、産業機械メーカーの新機能開発が挙げられる。装置へSENSPIDERを組み込むことにより、シンプル構成でユーザー独自開発のAIアルゴリズムを実装でき、製品開発の期間短縮、開発費用低減につなげられる。

また、製造業ソリューションベンダーのソリューション強化も可能で、エンドユーザーへ自社IoTソリューションを提供する際、SENSPIDERと組み合わせることで不足する機能を補完できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る