新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース

マクニカは2020年1月24日、同社の「SENSPIDER」に、カスタムAIモデル/データ処理を実装できる開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリースした。

SENSPIDERは、広帯域振動センサーなどのアナログセンサーデータを取得し、その場でAIの解析/判定結果を出力できるセンサーゲートウェイ&エッジコンピューティング端末だ。

センサー信号のサンプリングからエッジでのカスタムAIモデル/データ処理までを1ユニットで完結でき、振動センサーなどから得たデータを活用したコンディションモニタリング、異常検知、予知保全などに利用できる。

今回リリースしたSENSPIDER Developers Packageにより、それぞれの環境に適したAIモデルを使い、より精度の高いシステム構築が可能となる。

システム構成図 システム構成図

SENSPIDER Developers Packageは、SENSPIDERのユーザーサポートサイトから無償でダウンロード可能だ。ユーザーカスタムのアルゴリズムをSENSPIDERに実装するために必要なAPIを用意しており、データ処理/AI推論モデルはPythonスクリプトで実行する。

ユースケースとして、産業機械メーカーの新機能開発が挙げられる。装置へSENSPIDERを組み込むことにより、シンプル構成でユーザー独自開発のAIアルゴリズムを実装でき、製品開発の期間短縮、開発費用低減につなげられる。

また、製造業ソリューションベンダーのソリューション強化も可能で、エンドユーザーへ自社IoTソリューションを提供する際、SENSPIDERと組み合わせることで不足する機能を補完できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  3. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  4. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  5. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  6. 高さ1800mmサイズで大型造形可能——ミマキエンジニアリング、GDP方式の大型3Dプリンター「3DGD-1800」発売
  7. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  8. レーザー加工機の使用により1つ2分で作成可能——東京メイカー、新型コロナウイルス対策用のフェイスガードを作成
  9. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  10. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る