新しいものづくりがわかるメディア

RSS


豆と海藻を材料に3Dプリントして作る、本物そっくりな代替肉ステーキを新開発

健康志向の高まりや持続可能社会への要請などから、植物由来の代替肉が急速に普及している。これまでに開発された代替肉はハンバーグなどに使われるひき肉が多いが、スペインのバルセロナで設立されたスタートアップNovameatは、バイオ3Dプリンターを使い、見た目だけでなく食感も本物とそっくりな代替肉ステーキ「Steak 2.0」を新たに開発した。

Novameatの創業者でCEOのGiuseppe Scionti氏は、ティッシュエンジニアリング(組織工学)分野の研究に10年間携わってきた科学者だ。Scionti氏は、動物の細胞組織に似た組織を作る技術を料理学に応用して代替肉を作れないかと考え、Novameatを設立した。

Novameatは、再生医療に使われるバイオ3Dプリンティング技術を使い、エンドウ豆、海藻、ビートルート(ビーツ)の絞り汁を材料に、見た目も食感も忠実に再現した「ビーフステーキ」を3Dプリントした。味については現在も実験中だが、数カ月以内に製法を確立するという。

Novameatは、5年以内に植物性代替肉ステーキをレストランやスーパーマーケットに展開したいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る