新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」

水槽の管理が自動化できるシステム「Leviathan」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Leviathanは、オープンソースのReef-Piを利用して、照明、温度、pH、水位などを自動調整する水槽管理システムだ。

photo

電源は最大12個まで管理可能で、ポンプ、ヒーター、照明などのオンオフをタイマー制御できる。自動調光機能も搭載。水槽の温度とpHをモニターし、設定値を下回ると調整できる。水位が低下すると自動でポンプが作動して、注水が始まり一定の水位を保つ。薬液や液体フードの自動投与も可能だ。

photo

Leviathanは海水用、淡水用、汽水用の3タイプを用意している。基板のみ入手することもできるが、コネクターや部品があらかじめはんだ付けされたタイプもある。センサーやエンクロージャー付きのフルパックを入手すれば、LeviathanボードとRaspberry Piを取り付けるだけで、使い始めることができる。

photo

PC、タブレット、スマートフォンから管理画面にアクセスできるので、どこからでも機能の設定やデータの確認が可能だ。

photo

価格はベースとなるLeviathan基板が14ドル(約1540円)で、はんだ済み基板が22ドル(約2400円)から。フルパックは117ドル(約1万2900円)から。送料は別途請求される。

Leviathanは、バック数を100個に限定した小規模プロジェクト「Make/100」の一つで、2020年2月12日までクラウドファンディングを実施中。1月28日時点で、1250ユーロ(約13万8000円)の目標額を上回る約7600ドル(約83万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る