新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホを充電できるテーブル——太陽電池内蔵のQi充電対応テーブル「EBÖRD」

自然光や室内光で自動に蓄電し、対応デバイスを置くだけでQi充電できるテーブル「EBÖRD」がGREEN Fundingでプロジェクトを開始した。

photo

EBÖRDは、太陽電池パネルと10000mAhの充電池を内蔵し、自然光や室内光など300ルクス以上の光量の光源があれば自動に蓄電できる。電源を必要としないため環境に優しく電気代も不要。電源ケーブルを接続する必要もないので移動も容易だ。屋外での使用も想定してウォータープルーフ加工が施されている。

photo

Qi充電対応デバイスであれば、テーブル面のどこに置いても充電可能だ。4個までの複数デバイスの充電ができる。間接照明を備えたライトオプションやBluetoothによる音楽再生が可能なスピーカーオプションも用意されている。

photo

室内光による発電を実現するために、人の目が微弱な光をとらえて電気信号に変える仕組みに倣い、表面にたんぱく質の膜を巡らせた発電パネルを新たに開発し使用している。天板にはガラス同士を樹脂膜で接合したラミネートガラスを使用しているため割れにくく、もし割れた場合でもガラスが飛散しにくいという。サイズおよび重量は、天板サイズが600×490mm、天板厚みが10mm、天板の高さが450mmで重量が9kgだ。

photo

支援およびリターンは、【先着20セット】Super Early Bird 44%OFF<スマートテーブルEBÖRD>が9万8000円、【先着50セット】Early Bird 33%OFF<スマートテーブルEBÖRD>が11万8000円などとなっている。

photo

プロジェクト目標100万円のところ、2020年1月29日時点で約75万円の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る