新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボティクスからホームオートメーションまで——Raspberry Pi用HAT「Beast Base Board」

Raspberry Pi用HAT「Beast Base Board」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Beast Base Boardは、ロボティクス、オートメーション、IoTプロジェクトに不可欠なコンポーネントを小型ボードに搭載。10~40V 10Aの給電に対応し、パワフルなバッテリーパックを使った多彩なプロジェクトに利用できる。

40ピンGPIOを備えたRaspberry PiとBeagleBone Blackに対応し、標準ジャンパーワイヤーを介せばArduinoなどとも接続できる。Raspberry Piの給電用に、5Vと3.3VのDC/DCコンバーターを備える。

主な仕様として、9軸センサーモジュール(ジャイロスコープ、加速度計、磁気センサー)、ヘビーデューティーのフルHブリッジモーターコントローラー×6などを搭載し、各モーター72Wの出力に対応できる。40ピンコネクター以外にも、アナログ/デジタルチャンネル×4(1つはバッテリー電圧モニターに割り当て)、5V/3.3VとGNDがペアになったサーボコントロール用4ピンなど、フレキシブルなGPIOを備える。

Beast Base Boardは、今なら数量限定の早割価格66ドル(約7300円)で入手できる。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は18ドル(約1980円)だ。

B3 Beast Base Boardは、2万ドル(約220万円)を目標に2020年2月22日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る