新しいものづくりがわかるメディア

RSS


センスウェイがNTTPCと協業、閉域型LoRaWANサービスの提供を開始

センスウェイは、NTTPCコミュニケーションズと提携して閉域型LoRaWANサービスの提供を2020年2月4日に開始する。

同サービスはセンスウェイのLoRaWANサービス「SenseWay Mission Connect」にNTTPCコミュニケーションズの閉域網「Master’sONE IP-VPN」を活用。インターネットに接続することなく閉域網内でセキュアなIoTデータの送受信ができる。また、鉄道車両や自動車などの移動体に基地局を設置できるので、移動中でも閉域網を使って複数のセンサーデータなどを安全に取得できる。

自社でプライベートLoRa環境を構築する場合は、個別にLoRa基地局の設置や環境設定を行わなければならないが、同サービスを利用することでこれらが不要になり、初期費用を抑制、導入期間を短縮できる。また、自社で基地局や管理サーバーを運用する必要もない。

高度なセキュリティが求められる公共性の高いデータを扱う自治体や、製造業における設備監視、警備業界、高齢者見守りなどの消費者サービス、また建設業における漏水検知や作業員見守りなど向けの利用を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る