新しいものづくりがわかるメディア

RSS


曲げる、伸びる、動かす——ブロックトイ「FLEXO」がCAMPFIREに登場

ブロックトイ「FLEXO」がCAMPFIREにて出資を募っている。

FLEXOの特徴は、ピースが溝の空いたブロックと柔軟性のあるFLEXコネクターで構成されていることだ。「ブロック同士を積み重ねる」という方式に加え、「ブロックとブロックを柔軟性のあるコネクターでつなぐ」という組み立て方式も可能だ。

上下からブロックでコネクターを挟み込むことでしっかりと連結され、ねじったり巻きつけたりといった動かし方ができる。

4種類のブロック/コネクターは形状や長さが緻密に設計されており、組み合わせることで曲線的な造形やメカニカルな機構など、さまざまな造形が可能となる。

LEGOなどのメジャーなブロック玩具ブランドとの互換性もあり、手持ちのブロックと組み合わせて使うこともできる。

公式YouTubeチャンネルでは数多くの作品例ビデオが公開されており、動画を見て、まねして作ることで、多様な創作テクニックを習得できる。

ブロックは水に浮くため、お風呂やプールに持ち込んで遊べるほか、汚れても温水で洗える。

さまざまな色のピースがバランスよく入った「INVENTOR SET」、海の生き物を作れる「OCEAN LIFE」、デコレーション仕上げ用の「デコぶろっく DOMES」などをラインアップ。

販売予定価格は、OCEAN LIFEが2つ入ったOCEAN LIFEダブルセットが5160円、INVENTORダブルセット(INVENTOR SET×2、デコぶろっく DOMES×1、ホイルパック×2)が1万4880円。CAMPFIREではOCEAN LIFEダブルセットが4380円、INVENTORダブルセットが1万400円で購入できるクラウドファンディング限定プランを用意している。(価格はすべて税込)

FLEXOはCAMPFIREで2020年2月27日までクラウドファンディング中だ。目標額10万円に対し2月3日の時点で19万円以上を集めている。発送は2020年5月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る