新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子工作マニアにお薦め——GPIOピン配置を参照できるPCB定規「Raspberry Pi PCB Ruler」

電子工作に必要な技術情報がプリントされたPCB型定規「Raspberry Pi PCB Ruler」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

一昔前のエンジニアは、胸ポケットに挿したヘンミ計算尺をステータスシンボルにしていたが、今はこのプリント基板(PCB)定規の方がふさわしいだろう。

Raspberry Pi PCB Ruler

Raspberry Pi PCB Rulerは、電子工作に必要な技術情報がプリントされた15cm直定規。表面にはRaspberry Pi 4のGPIOピンアウトに加え、ケーブル外径、回路基板のトレース幅などがプリントされている。GPIOピン配置はスルーホールになっているので、Raspberry Piを使った電子工作での利便性が高い。

裏面にはLEDやトランジスターのピンアウト、USBコネクターのピンアサインなど、ブレッドボードなどで回路を組むときに必要な情報がプリントされている。また、トランジスターの回路図記号や抵抗のカラーコードもプリントされており、使いやすそうだ。

Raspberry Pi PCB Ruler (表面)
Raspberry Pi PCB Ruler (裏面)

さらに、Raspberry Pi PCB Rulerには、ディスクリート回路作りに必要な情報だけでなく、オームの法則、共振周波数や容量性/誘電性リアクタンスを求める式までプリントされており、初心者への配慮も忘れていない。

Raspberry Pi PCB Rulerの早期割引価格は、8ドル(約870円)。出荷は2020年4月の予定で、日本への送料は1ドル(約110円)だ。

Raspberry Pi PCB Rulerは200ドル(約2万2000円)を目標に、2020年2月23日までクラウドファンディングを実施する。2020年2月3日時点で、目標額の13倍を上回る約2700ドル(約30万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ペロブスカイト/シリコン・タンデム型太陽電池が発電効率33.2%を達成し、世界記録を更新
  2. 自動運転するモノレールキット——タミヤ、楽しい工作シリーズ「モノレール工作セット」発売
  3. ラズパイをサクサク動かそう——軽量化Debian OS「DietPi 8.18」リリース
  4. ラズパイゼロを使ってみよう——ケイエスワイ、「Pi Zero W Starter Kit 32GB 6点セットV2 Sandwichケース」を発売
  5. ビット・トレード・ワンが「Raspberry Pi Pico ソケット・ターミナル拡張ボード」を発売
  6. 新型ラズパイカメラを特集——CQ出版、「トランジスタ技術」2023年7月号発刊
  7. ものづくりラボ大船|ロボット部品からサーキットまで揃う、エンジニアたちの交流場(神奈川県鎌倉市)
  8. 自然言語で入力するだけでChatGPT連携アプリを作成できるツール「MetaGPT」
  9. レンズ不要のカメラ? AIとラズパイを活用した「Paragraphica」が話題に
  10. 手動と自動をシームレスに切り替え可能なラズパイ制御のロボットプリンター

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る