新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子工作マニアにお薦め——GPIOピン配置を参照できるPCB定規「Raspberry Pi PCB Ruler」

電子工作に必要な技術情報がプリントされたPCB型定規「Raspberry Pi PCB Ruler」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

一昔前のエンジニアは、胸ポケットに挿したヘンミ計算尺をステータスシンボルにしていたが、今はこのプリント基板(PCB)定規の方がふさわしいだろう。

Raspberry Pi PCB Ruler

Raspberry Pi PCB Rulerは、電子工作に必要な技術情報がプリントされた15cm直定規。表面にはRaspberry Pi 4のGPIOピンアウトに加え、ケーブル外径、回路基板のトレース幅などがプリントされている。GPIOピン配置はスルーホールになっているので、Raspberry Piを使った電子工作での利便性が高い。

裏面にはLEDやトランジスターのピンアウト、USBコネクターのピンアサインなど、ブレッドボードなどで回路を組むときに必要な情報がプリントされている。また、トランジスターの回路図記号や抵抗のカラーコードもプリントされており、使いやすそうだ。

Raspberry Pi PCB Ruler (表面)
Raspberry Pi PCB Ruler (裏面)

さらに、Raspberry Pi PCB Rulerには、ディスクリート回路作りに必要な情報だけでなく、オームの法則、共振周波数や容量性/誘電性リアクタンスを求める式までプリントされており、初心者への配慮も忘れていない。

Raspberry Pi PCB Rulerの早期割引価格は、8ドル(約870円)。出荷は2020年4月の予定で、日本への送料は1ドル(約110円)だ。

Raspberry Pi PCB Rulerは200ドル(約2万2000円)を目標に、2020年2月23日までクラウドファンディングを実施する。2020年2月3日時点で、目標額の13倍を上回る約2700ドル(約30万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る