新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アイ・セプト、ビニールハウス環境測定IoTサービス「てのひらハウス」提供開始

アイ・セプトは、ビニールハウス内の各種データを取得し、スマートフォンで確認できる農業向けビニールハウス環境測定IoTサービス「てのひらハウス」の提供を開始した。

photo

てのひらハウスは、温湿度、気圧、土壌水分、CO2濃度、日射量の各センサーを搭載したハードウェア「てのひらハウス センサーボックス」と、取得したデータを閲覧、分析するためのソフトウェア「てのひらケア」で構成される。

photo

センサーボックスによって取得した気温、湿度、飽差、気圧、CO2濃度、土壌水分量および日射量のデータをWebサーバーへ蓄積。てのひらケアを利用して遠隔地のスマートフォンやPCからそれらの情報の閲覧/監視ができる。任意の期間で測定値を比較したり、気付いたことをコメントで残したりする機能も備える。

ハードウェアは小型/軽量なのでさまざまな場所に設置でき、予めネットーワーク設定が施されているので容易に使い始めることができる。

photo

本サービスは、同社が2018年から北海道上川郡下川町と共同開発した、しいたけ専用ハウス環境測定IoTサービスを基に、地元の農家やJAなどの協力を得て開発したものだ。

下川町では複数台の導入が予定されており、今後取得したデータを活用することで、同町全体の収量の底上げも目指す。また同社では今後機能拡張に取り組む。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  3. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る