新しいものづくりがわかるメディア

RSS


名刺サイズのPCBから作る小型ロボット——ロボティクスコンストラクションキット「NANO」、「VOODOO」

ロボティクスコンストラクションキット「NANO」、「VOODOO」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

NANOとVOODOOは、名刺サイズのPCBを部品にして組み立てる小型ロボット。組み立てや完成後の遊びを通じ、楽しみながら電子工作の知識を身に付けられる。2019年12月にKickstarterでクラウドファンディングを実施してプロジェクトを達成、今回Indiegogoにてプレオーダーを募集している。

photo

NANOは、色やデザインの異なる7つのロボット「2L4G」、「2L1G」、「6L1G」、「MAT001」、「W001」、「TM BOT」、「OTAKU」がある。光センサーや振動モーターなどを搭載し、電力源の光を求めるように動く。

photo

VOODOOは、南北アメリカの先住民や、世界各地の古代文化のお守りやアートからインスパイアされたロボット。「Suún Inca」、「Tribz Benin」、「Bony Mexico」、「Baȁtz Indonesia Bali」、「Drøpz Japan」、「Wāld Scandinavia」、「Helly Haiti」の7つのモデルを用意する。

photo

組み立てには、やすりがけなどの加工やはんだ付け作業が必要だが、ステップバイステップインストラクションを参考にすれば簡単に組み立てられるという。また、組み立て途中で機能の説明をするインストラクションビデオや、電子部品の解説をするインストラクションブックも提供する。

photo

NANOとVOODOOの各セットには、各種PCBと電子部品、ロータリーツール、はんだスティック、ケーブル、防護眼鏡、ピンセット、やすりなどを同封する。どちらも今なら数量限定の早割価格99ドル(約1万800円)で入手できる。2020年4月出荷を予定しており、日本への送料は無料だ。2月6日時点で、7000ドル(約76万円)の目標額を大きく上回る約14万ドル(約1525万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る