新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タッチスクリーン付IoTデバイス開発に——ESP32開発ボード「ioTouch」

ESP32ベースのIoTプロジェクト開発ボード「ioTouch」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

ioTouchは、Bluetooth/Wi-Fiに対応したESP32マイコン搭載開発ボード。24bit RGB TFT強化ガラスタッチスクリーンを搭載し、3.5(320×240px)/4.3(480×272px)/5.0(800×480px)インチの3タイプから選べる。47×57mmのコンパクトな本体と脱着可能なタッチスクリーンが特徴で、さまざまな箇所に設置可能。USBケーブルを接続し給電すれば、最小限の設定で駆動できる。

photo

オープンソースのライブラリーで構築した簡単かつ直感的なフレームワークなため、タッチ/ビデオエンジンのコーディングスキルは不要。数ラインのコードでインタラクティブなページを作成でき、フレームワークはタッチ検出、ボタンのプッシュ/リリースのエフェクト、自律トラッキング、ダイヤルやスライダーなどのグラフィカルオブジェクトに対応する。また、グリッドやスタイルが素早いページ描画、異なるサイズや解像度のディスプレイへの移植も容易だという。

photo

マイコン「ESP32-WROOM」は、デュアルコアXtensa 32ビットLX6 MCU、16MBフラッシュを内蔵。ビデオエンジンコプロセッサー「FT813 EVE2」は、1MBのグラフィックRAM、24ビットのRGBインターフェース、容量性タッチエンジン、オーディオエンジン、PWMブラックライトアウトプットを内蔵する。ほかにも、自律ブート対応しモニター目的に便利なUARTトランシーバー内蔵のUSBコネクターや、スマートパワー管理機能などを備える。

photo

ioTouchは今なら、3.5/4.3/5.0インチタイプをそれぞれ130ユーロ(約1万5600円)/135ユーロ(約1万6200円)/140ユーロ(約1万6800円)で入手できる。2020年6月の出荷を予定しているが、今のところ日本への出荷には未対応だ。4万ユーロ(約481万円)の調達を目標に2020年2月23日までクラウドファンディングを募る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る