新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タッチスクリーン付IoTデバイス開発に——ESP32開発ボード「ioTouch」

ESP32ベースのIoTプロジェクト開発ボード「ioTouch」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

ioTouchは、Bluetooth/Wi-Fiに対応したESP32マイコン搭載開発ボード。24bit RGB TFT強化ガラスタッチスクリーンを搭載し、3.5(320×240px)/4.3(480×272px)/5.0(800×480px)インチの3タイプから選べる。47×57mmのコンパクトな本体と脱着可能なタッチスクリーンが特徴で、さまざまな箇所に設置可能。USBケーブルを接続し給電すれば、最小限の設定で駆動できる。

photo

オープンソースのライブラリーで構築した簡単かつ直感的なフレームワークなため、タッチ/ビデオエンジンのコーディングスキルは不要。数ラインのコードでインタラクティブなページを作成でき、フレームワークはタッチ検出、ボタンのプッシュ/リリースのエフェクト、自律トラッキング、ダイヤルやスライダーなどのグラフィカルオブジェクトに対応する。また、グリッドやスタイルが素早いページ描画、異なるサイズや解像度のディスプレイへの移植も容易だという。

photo

マイコン「ESP32-WROOM」は、デュアルコアXtensa 32ビットLX6 MCU、16MBフラッシュを内蔵。ビデオエンジンコプロセッサー「FT813 EVE2」は、1MBのグラフィックRAM、24ビットのRGBインターフェース、容量性タッチエンジン、オーディオエンジン、PWMブラックライトアウトプットを内蔵する。ほかにも、自律ブート対応しモニター目的に便利なUARTトランシーバー内蔵のUSBコネクターや、スマートパワー管理機能などを備える。

photo

ioTouchは今なら、3.5/4.3/5.0インチタイプをそれぞれ130ユーロ(約1万5600円)/135ユーロ(約1万6200円)/140ユーロ(約1万6800円)で入手できる。2020年6月の出荷を予定しているが、今のところ日本への出荷には未対応だ。4万ユーロ(約481万円)の調達を目標に2020年2月23日までクラウドファンディングを募る。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  3. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る