新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

サンワサプライは、ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」を2020年2月10日に発売した。

photo

800-TK045は、精密機器の分解や組み立てに使える、ペン型タイプの小型電動ドライバー。本体のボタン操作で手首をひねることなく、メガネやカメラ、PCなどに使用されているネジを締めたり緩めたりできる。

photo

ビットの回転方向はボタン操作で正逆転可能で、オーバートルクにならないよう、トルク切り替えリングを回すことで強さを1~8の8段階で調整できるトルク調整機能が付いている。ドライバー本体にマグネットを内蔵しており、取り付けたビットを磁石化できる。

photo

一般的なクロムバナジウム合金鋼よりもさらに硬度を高めたS2鋼を採用したビットが、プラス、マイナス、スマートフォンに使用されているヘックスローブ(六角星型)、ペンタローブ(五角星型)の14本付属している。

photo

内蔵バッテリーはUSB充電式で、連続使用時間は約3時間、充電時間は約5時間。ビット未装着時のサイズは約20×178×20mm、製品重量約112g。トルクは0.1~2.5kgf.cm、回転数は395rpm。 収納ケース、ビット14本、充電ケーブル が付属する。

photo

なお、ビットは同社の精密ドライバーセット「800-TK037」、「800-TK038」のビットセットとも互換性があり、使用可能だ。WEB限定商品で、販売価格は7255円(税抜)、送料無料 だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る