新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

サンワサプライは、ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」を2020年2月10日に発売した。

photo

800-TK045は、精密機器の分解や組み立てに使える、ペン型タイプの小型電動ドライバー。本体のボタン操作で手首をひねることなく、メガネやカメラ、PCなどに使用されているネジを締めたり緩めたりできる。

photo

ビットの回転方向はボタン操作で正逆転可能で、オーバートルクにならないよう、トルク切り替えリングを回すことで強さを1~8の8段階で調整できるトルク調整機能が付いている。ドライバー本体にマグネットを内蔵しており、取り付けたビットを磁石化できる。

photo

一般的なクロムバナジウム合金鋼よりもさらに硬度を高めたS2鋼を採用したビットが、プラス、マイナス、スマートフォンに使用されているヘックスローブ(六角星型)、ペンタローブ(五角星型)の14本付属している。

photo

内蔵バッテリーはUSB充電式で、連続使用時間は約3時間、充電時間は約5時間。ビット未装着時のサイズは約20×178×20mm、製品重量約112g。トルクは0.1~2.5kgf.cm、回転数は395rpm。 収納ケース、ビット14本、充電ケーブル が付属する。

photo

なお、ビットは同社の精密ドライバーセット「800-TK037」、「800-TK038」のビットセットとも互換性があり、使用可能だ。WEB限定商品で、販売価格は7255円(税抜)、送料無料 だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る