新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

サンワサプライは、ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」を2020年2月10日に発売した。

photo

800-TK045は、精密機器の分解や組み立てに使える、ペン型タイプの小型電動ドライバー。本体のボタン操作で手首をひねることなく、メガネやカメラ、PCなどに使用されているネジを締めたり緩めたりできる。

photo

ビットの回転方向はボタン操作で正逆転可能で、オーバートルクにならないよう、トルク切り替えリングを回すことで強さを1~8の8段階で調整できるトルク調整機能が付いている。ドライバー本体にマグネットを内蔵しており、取り付けたビットを磁石化できる。

photo

一般的なクロムバナジウム合金鋼よりもさらに硬度を高めたS2鋼を採用したビットが、プラス、マイナス、スマートフォンに使用されているヘックスローブ(六角星型)、ペンタローブ(五角星型)の14本付属している。

photo

内蔵バッテリーはUSB充電式で、連続使用時間は約3時間、充電時間は約5時間。ビット未装着時のサイズは約20×178×20mm、製品重量約112g。トルクは0.1~2.5kgf.cm、回転数は395rpm。 収納ケース、ビット14本、充電ケーブル が付属する。

photo

なお、ビットは同社の精密ドライバーセット「800-TK037」、「800-TK038」のビットセットとも互換性があり、使用可能だ。WEB限定商品で、販売価格は7255円(税抜)、送料無料 だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る