新しいものづくりがわかるメディア

RSS


おむつが濡れたらスマホに通知——P&G、センサー付き紙おむつを発売

赤ちゃん用紙おむつ「Pampers」で知られるP&Gは、おむつの交換タイミングや睡眠状態を教えてくれる新システム「Lumi by Pampers(Lumi)」を発表した。おむつ用センサーとカメラがアプリと連動して、いつでも赤ちゃんの様子を確認できる。

Lumiは、新生児から生後12カ月までの乳児を想定して、小児科医と共同開発。紙おむつにセットしたセンサーが、濡れを検知してスマートフォンに通知する。おむつを交換するときは、古いおむつからセンサーをはがして、新しいおむつにセットするだけだ。センサーは赤ちゃんの睡眠状態も認識し、Bluetooth経由でデータを送信する。

おむつの濡れ具合だけでなく、授乳回数、睡眠時間といったデータもアプリに表示できるので、家族全員が赤ちゃんの生活リズムや発育状況を把握しやすいという。

さらに、アプリは専用カメラと組み合わせた、見守り機能も提供する。HD画質でナイトビジョン搭載のビデオモニターを使って、昼夜問わず、赤ちゃんの声や映像のストリーミング、室温、湿度の確認ができる。

価格はセンサー1個、紙おむつ約10日分、ビデオモニター1台をセットにして349ドル(約38000円)。センサーのバッテリーの寿命は約3カ月だ。月額59.95ドル(約6600円)からのサブスクリプションサービスを利用すると、バッテリー交換が無料となる。記事掲載時点での出荷先は、米国のみとなっている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る