新しいものづくりがわかるメディア

RSS


おむつが濡れたらスマホに通知——P&G、センサー付き紙おむつを発売

赤ちゃん用紙おむつ「Pampers」で知られるP&Gは、おむつの交換タイミングや睡眠状態を教えてくれる新システム「Lumi by Pampers(Lumi)」を発表した。おむつ用センサーとカメラがアプリと連動して、いつでも赤ちゃんの様子を確認できる。

Lumiは、新生児から生後12カ月までの乳児を想定して、小児科医と共同開発。紙おむつにセットしたセンサーが、濡れを検知してスマートフォンに通知する。おむつを交換するときは、古いおむつからセンサーをはがして、新しいおむつにセットするだけだ。センサーは赤ちゃんの睡眠状態も認識し、Bluetooth経由でデータを送信する。

おむつの濡れ具合だけでなく、授乳回数、睡眠時間といったデータもアプリに表示できるので、家族全員が赤ちゃんの生活リズムや発育状況を把握しやすいという。

さらに、アプリは専用カメラと組み合わせた、見守り機能も提供する。HD画質でナイトビジョン搭載のビデオモニターを使って、昼夜問わず、赤ちゃんの声や映像のストリーミング、室温、湿度の確認ができる。

価格はセンサー1個、紙おむつ約10日分、ビデオモニター1台をセットにして349ドル(約38000円)。センサーのバッテリーの寿命は約3カ月だ。月額59.95ドル(約6600円)からのサブスクリプションサービスを利用すると、バッテリー交換が無料となる。記事掲載時点での出荷先は、米国のみとなっている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る