新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大規模IoTネットワークにおける遅延を解消する方法「EasyPass」を提案

Credit: CC0 Public Domain

大規模なIoTデバイスネットワークでの遅延を解消する方法が、米ピッツバーグ大学から提案されている。2019年12月にフロリダ州オーランドで開催されたネットワーク研究に関する国際会議「ACM CoNEXT 2019」で発表されたこの方法は、無線チャネルの空きリソースを利用するもので、ハードウェアや無線周波数の追加を必要としない。

「EasyPass」と名付けられたこの方法は、既存のノイズ(SNR)マージンを、IoTデバイス専用のサイドチャネルとして使用する。研究実験では、混雑したIoTネットワークでの通信遅延が90%削減され、100台以上のIoTデバイスが一斉にアクセス可能な狭帯域無線リンクで最大2.5Mbpsのスループットを実現したという。

研究論文の共著者であるピッツバーグ大学のWei Gao准教授は「チャネル品質に対するネットワークの自動応答はほぼ必ず1ステップか2ステップ遅れる。我々は、その遅れ、すなわちチャネルの状態変化とネットワーク調整との間に起きるラグを、IoTデバイス専用のサイドチャネルとして使っている」と説明する。

EasyPassの詳細は、CoNEXT 2019プロシーディングに論文「EasyPass: Combating IoT Delay with Multiple Access Wireless Side Channels」として収録されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る