新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GMOインターネット、IoT機器専用ドメインとして「.gmo」ドメインを開放へ

GMOインターネットは、同社が保有している企業名の新gTLD(一般トップレベルドメイン)「.gmo」をIoT機器専用ドメインとして開放するため、ドメイン名などのアドレス資源を割当管理する米国の非営利団体であるICANNに申請することを表明した。

.gmoドメインは、サブドメイン名の登録管理を自動化するためのDNSサービスや、GMOグローバルサインの提供するSSLと合わせて、IoT機器専用のSSL付きドメインとして、GMOインターネットの「お名前.com」をはじめとするドメイン登録サービスにおいて、2020年内をめどに提供を開始する。

今後IoT機器は、インターネットにつなげるために128ビットのIPアドレス(IPv6)が各機器に割り当てられ、IoT機器メーカーは大量にある各機器のIPアドレスを管理する必要がある。そこでGMOインターネットは、ドメインにより大量のIPアドレスを管理するのが有効と考え、.gmoをIoT機器専用ドメインとして開放することにした。

なお、.gmoはWebサイトやメールアドレスに用いるドメインとしては開放していないため、汎用的に使われるドメインと情報が混在することは防げる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る