新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GMOインターネット、IoT機器専用ドメインとして「.gmo」ドメインを開放へ

GMOインターネットは、同社が保有している企業名の新gTLD(一般トップレベルドメイン)「.gmo」をIoT機器専用ドメインとして開放するため、ドメイン名などのアドレス資源を割当管理する米国の非営利団体であるICANNに申請することを表明した。

.gmoドメインは、サブドメイン名の登録管理を自動化するためのDNSサービスや、GMOグローバルサインの提供するSSLと合わせて、IoT機器専用のSSL付きドメインとして、GMOインターネットの「お名前.com」をはじめとするドメイン登録サービスにおいて、2020年内をめどに提供を開始する。

今後IoT機器は、インターネットにつなげるために128ビットのIPアドレス(IPv6)が各機器に割り当てられ、IoT機器メーカーは大量にある各機器のIPアドレスを管理する必要がある。そこでGMOインターネットは、ドメインにより大量のIPアドレスを管理するのが有効と考え、.gmoをIoT機器専用ドメインとして開放することにした。

なお、.gmoはWebサイトやメールアドレスに用いるドメインとしては開放していないため、汎用的に使われるドメインと情報が混在することは防げる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」
  5. 芝浦工業大学、印刷によって紙を自律的に折り畳む技術を開発
  6. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  7. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  10. おうち時間でロボットプログラミング——スイッチサイエンス、子ども向けWebショップ「LABO KIDS」開設

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る