新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GMOインターネット、IoT機器専用ドメインとして「.gmo」ドメインを開放へ

GMOインターネットは、同社が保有している企業名の新gTLD(一般トップレベルドメイン)「.gmo」をIoT機器専用ドメインとして開放するため、ドメイン名などのアドレス資源を割当管理する米国の非営利団体であるICANNに申請することを表明した。

.gmoドメインは、サブドメイン名の登録管理を自動化するためのDNSサービスや、GMOグローバルサインの提供するSSLと合わせて、IoT機器専用のSSL付きドメインとして、GMOインターネットの「お名前.com」をはじめとするドメイン登録サービスにおいて、2020年内をめどに提供を開始する。

今後IoT機器は、インターネットにつなげるために128ビットのIPアドレス(IPv6)が各機器に割り当てられ、IoT機器メーカーは大量にある各機器のIPアドレスを管理する必要がある。そこでGMOインターネットは、ドメインにより大量のIPアドレスを管理するのが有効と考え、.gmoをIoT機器専用ドメインとして開放することにした。

なお、.gmoはWebサイトやメールアドレスに用いるドメインとしては開放していないため、汎用的に使われるドメインと情報が混在することは防げる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ワンボードマイコンでPCを自作——ポータブルコンピューターベアボーンキット「READY! MODEL100」
  2. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  3. 「Interface 2021年 4月号」がマイコン向けリアルタイムOS「FreeRTOS」を特集
  4. 持続的な長距離量子テレポーテーションに成功——90%超の高忠実度を実現、量子インターネット実現に向けた大きな一歩
  5. 「はんだ付けで目入れするダルマ」をプリント基板で作っちゃう 〜デザイン基板の作り方〜
  6. Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表
  7. 磁力を使って5分で接着——磁性硬化型接着剤を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  10. エアでの打感を再現——機材なしで練習できる最新ドラム演奏デバイス「Freedrum 2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る