新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GMOインターネット、IoT機器専用ドメインとして「.gmo」ドメインを開放へ

GMOインターネットは、同社が保有している企業名の新gTLD(一般トップレベルドメイン)「.gmo」をIoT機器専用ドメインとして開放するため、ドメイン名などのアドレス資源を割当管理する米国の非営利団体であるICANNに申請することを表明した。

.gmoドメインは、サブドメイン名の登録管理を自動化するためのDNSサービスや、GMOグローバルサインの提供するSSLと合わせて、IoT機器専用のSSL付きドメインとして、GMOインターネットの「お名前.com」をはじめとするドメイン登録サービスにおいて、2020年内をめどに提供を開始する。

今後IoT機器は、インターネットにつなげるために128ビットのIPアドレス(IPv6)が各機器に割り当てられ、IoT機器メーカーは大量にある各機器のIPアドレスを管理する必要がある。そこでGMOインターネットは、ドメインにより大量のIPアドレスを管理するのが有効と考え、.gmoをIoT機器専用ドメインとして開放することにした。

なお、.gmoはWebサイトやメールアドレスに用いるドメインとしては開放していないため、汎用的に使われるドメインと情報が混在することは防げる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  3. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る