新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LTE-Mに対応し、4種のセンサーを搭載——ソラコムが「GPS マルチユニット SORACOM Edition」を発売

ソラコムは、LTE-Mを内蔵し、4種類のセンサーがすぐに使用できるデバイス「GPS マルチユニット SORACOM Edition」の販売を2020年2月12日に開始した。

本デバイスは、GPS、温度、湿度、加速度を計測する4つのセンサーが内蔵されており、LTE-M通信に対応した特定地域向けIoT SIM(plan-D/plan-KM1)をセットして使うことで、センサーデータが自動的にセルラー回線で送信される仕組みだ。外部給電でも利用可能だが、充電式バッテリーが内蔵されており、電源が供給できない場所でも利用できる。

最大の特徴は、デバイス側に必要な通信設定があらかじめ入っているため、ブラウザからの操作だけで、取得するセンサー値や取得タイミングを設定し、センサーの活用を始められる点だ。

本デバイスとIoTプラットフォーム「SORACOM」のダッシュボード作成/共有サービス「SORACOM Lagoon」を使えば、収集したデータをグラフ化してパソコンやスマートフォンで閲覧したり、閾値を超えた場合にアラート通知し、EメールをはじめLINEやSlackなどのチャットツールに連携したりできる。

さらに、「SORACOM Beam」「SORACOM Funnel」などのSORACOMサービスを用いることで、用意したサーバー(クラウド/オンプレミス)とのデータ連携も可能だ。

価格は1万1000円(税抜)。サイズは約83×49×13.8mm、重量は約63gだ。購入はSORACOMユーザーコンソールから可能で、発送開始は2月18日を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る