新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LTE-Mに対応し、4種のセンサーを搭載——ソラコムが「GPS マルチユニット SORACOM Edition」を発売

ソラコムは、LTE-Mを内蔵し、4種類のセンサーがすぐに使用できるデバイス「GPS マルチユニット SORACOM Edition」の販売を2020年2月12日に開始した。

本デバイスは、GPS、温度、湿度、加速度を計測する4つのセンサーが内蔵されており、LTE-M通信に対応した特定地域向けIoT SIM(plan-D/plan-KM1)をセットして使うことで、センサーデータが自動的にセルラー回線で送信される仕組みだ。外部給電でも利用可能だが、充電式バッテリーが内蔵されており、電源が供給できない場所でも利用できる。

最大の特徴は、デバイス側に必要な通信設定があらかじめ入っているため、ブラウザからの操作だけで、取得するセンサー値や取得タイミングを設定し、センサーの活用を始められる点だ。

本デバイスとIoTプラットフォーム「SORACOM」のダッシュボード作成/共有サービス「SORACOM Lagoon」を使えば、収集したデータをグラフ化してパソコンやスマートフォンで閲覧したり、閾値を超えた場合にアラート通知し、EメールをはじめLINEやSlackなどのチャットツールに連携したりできる。

さらに、「SORACOM Beam」「SORACOM Funnel」などのSORACOMサービスを用いることで、用意したサーバー(クラウド/オンプレミス)とのデータ連携も可能だ。

価格は1万1000円(税抜)。サイズは約83×49×13.8mm、重量は約63gだ。購入はSORACOMユーザーコンソールから可能で、発送開始は2月18日を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る