新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「mBot」でロボットプログラミングを学ぶ——FOM出版、「mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング」発刊

FOM出版は、組み立てロボットキット「mBot」を使ったロボットプログラミングの基礎が身に付く「<改訂版> Makeblock公式 mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング」を、2020年2月21日に発売する。

mBotは、Scratchベースの簡単なプログラミングでコントロールできる走行型ロボットキットだ。超音波センサーやライントレースセンサーなどのセンサー類も搭載する。

本書は、mBotの製造元であるMakeblockの唯一の公式テキストだ。mBotを動かしながら小さな目標達成を積み重ねていくことで、プログラミング的思考を着実に育成することができる。内容はもちろん、文字サイズを大きくしたりルビを振ったりと、小学生の読者でもできるだけ親しみやすく学べるような工夫がされている。

具体的には、mBotのLEDを光らせたり音楽を鳴らしたり、また障害物を回避しながらmBotを走らせたりするなどの動きを題材にしてプログラミングを学習する。

著者は久木田寛直氏 。B5変型判191ページで、定価1980円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る