新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中

イングランドのプレミアリーグ名門クラブであるリバプールFCは、試合分析にデータサイエンスを駆使して大きな効果を上げている。

今シーズン(2019-20シーズン)だけで、プレミアリーグでのリバプールの被ゴール数は最も少なく、2番目に少ないクラブチームと比べると7本少ない。リバプールは、これはチームのピッチコントロール能力によるものだとしている。他のクラブチームもデータ分析はしているが、リバプールのように、詳細に分析したデータを具体的に取り入れ、試合中の意思決定や処理能力をトップレベルにまで引き上げているところはほとんどない。

リバプールが「ピッチコントロール」と呼ぶ手法では、ボールを支配する選手の位置、ピッチ上で自チームの選手がアクセスできるゾーン、相手チーム側が支配するゾーンなどがカラーグラフィックで表示され、自チームの選手がアクセスできるゾーン内にいるチームメイトへのパスが最善だと選手はアドバイスされる。

Source: Liverpool FC Source: Liverpool FC

天体物理学者でもあるリバプールのデータサイエンスチームスタッフのTim Waskett氏によれば、試合中のシュートやパスなどのイベントデータと追跡データを結合することで、ピッチ上での各選手の動きがシュート成功率にどう影響するかを把握できるようになるのだという。

Source: Liverpool FC Source: Liverpool FC

2020年1月27日時点で、リバプールが今シーズン中に受けた枠内シュート数は55本に過ぎず、リバプールの次に少ないチェルシーより10本少なく、マンチェスターシティが受けた枠内シュート数70本と比べると15本も少ない。

リバプールが閉ざされたドアの向こう側でどれだけのものを発見したのかは分からない。しかし、このクラブチームが2019年FIFAクラブワールドカップを制した世界王者であり、プレミアリーグでは2018年5月の対チェルシー戦での敗戦以降、1敗しかしていないことを考えると、データサイエンスがもたらすわずかな優位性が、ピッチでの結果に劇的な影響を与えていることは想像に難くないだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る