新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト

1950年代のフライス盤をCNC化するプロジェクト「Arno goes CNC」がKickstarterで支援者を募っている。

北欧デンマークで、有志が集まり、使われなくなった古いエンジン工場を蘇らせようとしている。彼らが取り組んでいるのは、バルト海に浮かぶカラフルな家並みが美しいエーア島にあるMotorfabrikken Marstal(マースタルエンジン工場)のファブラボ化だ。

Arno goes CNC

ここではかつて、マースタルモーターという有名な船舶用エンジンが製造されていた。このプロジェクトでは、エンジン製造に使われていたが、置き去りにされていた古いイタリア製フライス盤「ARNO」のCNC化を計画している。ARNOのどのモデルなのかは記載されていないが、キャンペーンページに掲載されている動画を見る限り、1950年代に作られた Model 0 Universal、Model 1.Vなどの初期モデルと思われる。

Arno goes CNC

70年前のフライス盤は、当然、手動式だ。プロジェクトでは、縦方向、X軸、Y軸を動かすハンドルを取り払ってステップモーターを取り付け、3軸のCNCフライス盤にすることを目指している。プロジェクトには、1960年代にこの工場で働き、実際にARNOを操作していた熟練工が招かれて参加している。

かつて工作機械が所狭しと並び騒音であふれていた工場に、2Dレーザーカッターや3Dプリンターを導入し、地元の学生や退職した機械工も招き入れるメイカースペースになるという。そこに置かれるCNC化されたARNOは、ものづくりの歴史と現代とをつなぐ象徴的な存在となるだろう。

Arno goes CNC

Arno goes CNCプロジェクトへの支援は、100デンマーククローネ(約1600円)から可能。金額に応じて、A5サイズのカード、ポスター、ARNOで作るマースタルモーターのシリンダーヘッド模型などが贈られる。

Arno goes CNCプロジェクトは3万8400デンマーククローネ(約62万円)を目標に、2020年3月15日までクラウドファンディングを実施する。2020年2月25日時点で、目標額の半分近い約1万9000デンマーククローネ(約30万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る