新しいものづくりがわかるメディア

RSS


収入を予測できる「データドリブン農業」に向けて——ビビッドガーデン、IoTキット「Agri Palette」と連携

オンラインマルシェを運営するビビッドガーデンは2020年2月20日、データマーケティング第1弾として、Momoの農業向けIoTキット「Agri Palette」と連携した。

photo

ビビッドガーデンの運営するオンラインマルシェ「食べチョク」は、こだわり生産者から直接食材を購入できるオンラインマルシェだ。登録生産者は750以上で、生産者/食材ごとの顧客評価をデータ化している。

photo

Agri Paletteは、農作物に必須の土壌(土壌水分量/土壌温度/土壌EC/土壌Ph)と空気(気温/湿度/二酸化炭素濃度)と日照量のデータを畑から取得し、受信機を通じてウェブ上のデータベースに記録、アプリで可視化するセンサーシステムだ。これにより品質/収量、収穫時期のコントロールが可能になる。

photo

今回の連携でビビッドガーデンが掲げるのが、農作物ごとの顧客からの評価と栽培データの統合を通して、予め収入を予測できるデータドリブン農業の構築だ。食べチョクで高評価を得ている農家にAgri Paletteを導入。顧客からの評価と栽培データ(土壌EC/温度/水分/土壌Ph/CO2/日照量/温湿度/位置情報)を統合し、あらかじめ評価を想定できるシステムの構築を目指す。

新規就農/新規作付けのリスクを減らし、農業事業者の経済的安定を目指す今回の試みにより、数年後には農業事業者は栽培しながらデータを参照することで、収穫前に収入の予測がつくことを目標としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る