新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エコモットや北見工業大学ら、AI画像解析による牛の陣痛検知技術を開発開始

エコモットおよびオックス、トップファーム、北見工業大学は共同で、牛の分娩時兆候である陣痛をAIによる画像解析で検出し、アラートするシステムを構築する。

同システムは、検知した陣痛を元に的確に分娩介助を行うことで和牛の死産率を低下させ、農家の所得を向上させることを目的としている。

従来把握が困難だった個体ごとの分娩難易度をデータとして蓄積し、和牛が持つ遺伝子配列パターンと突き合わせることで、遺伝情報と分娩難易度との関連性に関する研究を進めることが可能になる。これにより、分娩難易度を高精度で予測する新しい生産技術を生み出すことがきるという。

同システムは10台の汎用ネットワークカメラから送信されてくる映像を、1台のエッジAIカメラで並列処理するアーキテクチャを採用。既設の複数台のネットワーク監視カメラにアドオンする形でAI化できるレトロフィット型ソリューションであることが特徴だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る