新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラウンド中もラクラク——手引きのゴルフカートを電動化できる「eWheels V2」

手引きのゴルフカートを電動化できる「eWheels V2」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

eWheels V2の使い方は、車輪間隔を広げ、手引き式のゴルフカートに取り付けるだけ。CLICKGEARなど、3輪または4輪カートに対応する。自分でカートを押さなくてもリモートコントロール、もしくは自動追尾する磁気スマートテザーを利用してキャディバッグを運ぶことができる。これさえあれば、プレーヤーはバッグを持ち運ぶわずらわしさから解放され、よりプレーに集中できる。

photo

ボタンひとつで15ヤード(約14m)または30ヤード(約27m)移動させることができる。さらにリモートコントロール機能を使えば、最大100ヤード(約91m)まで対応可能だ。

photo

スマートテザーは、付属の金属製ストラップを使ってプレーヤーまでの距離と角度を読み取り、カートの速度と方向を調整する。カートとは、曲がり角や丘、斜面を進んでも接続性を保てるので、プレイ中でも安心だ。

photo

内蔵した6軸のジャイロスコープがコースの地形を検出し、転倒することなく進むことができる。電子パーキングブレーキで、斜面でも止まっていられる。また、ブラシレスギアレスハブモーターを搭載し、上り坂でも下り坂でも安定して走行できるという。ブラシの摩擦がないので、丈夫でパワフル、音も静かだ。

photo

交換式の4400mAhリチウムイオンバッテリーを搭載。1回3時間のフル充電で最大27ホール回ることができる。ボディは航空機グレードの押出成型アルミニウム、ホイールは耐摩耗性ポリウレタン製だ。耐候性と耐水性を兼ね備え、密閉性も高いので雨が降っても動作に影響はなく、汚れても水洗いができる。

photo

今なら特別早割価格の499ドル(約5万5000円)で手に入る。出荷は2020年4月の予定だ。

eWheels V2は、2020年3月初めまでクラウドファンディングを実施中。2月28日時点で、1万ドル(約108万円)の目標額を大きく上回る約33万6000ドル(約3700万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る