新しいものづくりがわかるメディア

RSS


夜間に発電する太陽電池——赤外光の放出で発電

Tristan Deppe/Jeremy Munday

夜間に発電できる太陽電池を、カリフォルニア大学デービス校の研究チームが開発した。その発電量は通常の太陽電池の4分の1と及ばないが、それでも1平方メートル当たり50Wの電力を生成できるという。

開発された太陽電池は、普通の太陽電池が発電に利用するのと同じ物理現象を逆の方向に利用したものだ。発電の仕組みについて、研究チームのJeremy Munday教授は、「通常の太陽電池は太陽光を吸収することでデバイス上に起電力が発生し、電流が流れる。一方、この熱放射セルを使った太陽電池では、代わりに光を放出し、電流と電圧は反対方向に生じるが、それでも発電する。異なる材料を使うが、物理的には同じものだ」と、説明する。

周囲と比較して高温の物体は赤外光として熱を放射するが、この光を吸収することで通常の太陽電池は発電する。一方、この新しい太陽電池は自らよりも低温の対象、つまり太陽ではなく宇宙空間に向けることで、熱を赤外光として放出し、電力を生み出している。

この新しい太陽電池は、夜間だけでなく昼間も機能する。研究チームは、今回の研究成果は、昼と夜のパワーグリッドのバランスを均衡させる太陽電池の実現に道を開く可能性があるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る