新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでAIツールを使おう——インプレスR&D、「ラズパイとEdge TPUで学ぶAIの作り方」発刊

インプレスR&Dは、デリバリーツール「Spinnaker」環境を構築し、Google 「Edge TPU」をRaspberry Piで使い、自分で作成したモデルを実行するまでを解説する 「ラズパイとEdge TPUで学ぶAIの作り方」を発刊する。

photo

本書は、Edge TPUを実際にRaspberry Piで使用して、自分で作成したモデルを実行するまでを解説するAI開発の入門書だ。AWS、GCPでマルチプロバイダに対応しているOSSの継続的デリバリーツールSpinnaker(スピネーカー)環境を構築して、Kubernetes、Google App Engineへのデプロイフローを構築する方法や、Spinnakerの機能の一つである、カナリーデプロイなどを解説する。

photo

全6章構成。第1~2章ではRaspberry PiとEdge TPUのセットアップ、第3章「mnistの学習と推論」ではmnistの学習とモデルの変換やRaspberry Piでの実行など、第4章「リアルタイム物体検出」ではRaspberry Piへカメラの接続、VNC接続設定、物体検出の実行、第5章「AutoML Visionでの学習とモデルの実行」第6章「AutoML Visionでの物体検出の学習とモデルの実行」では学習データの用意、学習の実施、Raspberry Piでの実行について解説する。

著者は高橋秀一郎氏。電子書籍版フォーマットはEPUB3/Kindle Format8、書籍版はB5判82ページで、価格は電子書籍版が1600円、書籍版が1800円(各税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る