新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RUTILEA、AI/ディープラーニングを用いた「ピッキング自動化ソフトウェア」開発

RUTILEA(ルティリア) は、AI/ディープラーニングを用いた「ピッキング自動化ソフトウェア」を開発し、オープンソースとして公開した。

同社は、オープンソースを活用し、センシング、ロボティクスにおいて優れた製品を企画販売することを目的とした京都大学発のベンチャー企業。今回、同社のAI/ディープラーニングによりファクトリーオートメ—ションを実現するための汎用ソフトウェア 「SDTest」、DOBOT Magicianなどの協働ロボットアーム、照明などを組み合わせることによって、ばら積み状態からのピッキング、撮影、外観検査の自動化を可能にした。

従来、ばら積みピッキングは高精度な3次元カメラが必要だったが、市販のカメラと距離センサーのみで自動ピッキングができる。

2020年1月に開催されたオートモーティブワールドでは、複雑な3次元構造をしたダイカスト製品のピッキング、撮影、外観検査までの実演を行った。同社のロボット制御やオープンソースを活用することで、外観検査やピッキングなどの搬送自動化を、低コストで実現できる。 人に頼らざるを得なかった検品工程の自動化を達成し、ビッグデータを活用しより不良率の低い工程の確立を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る