新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エレキットに新モデル登場——水圧で動く「サイボーグハンド」と4軸ロボットアーム「メカクリッパー」

電子工作キット「エレキット」シリーズを販売するイーケイジャパンは、水圧で動く「サイボーグハンド」と4軸のロボットアーム「メカクリッパー」を、2020年4月17日に発売する。

photo

サイボーグハンドは、サイボーグのように手に装着し、水圧シリンダーを使って指の動きで制御できるロボットハンドだ。水圧のみで動作するため、乾電池等の動力は不要。パーツを変えることで右手または左手のどちらでも装着でき、サイズ調整機能も備えるので子どもから大人まで対応する。ニッパーやドライバーを使いながらの組み立て方法や、空気圧と水圧の違いなどが学べるという。

photo

サイズは約125×205×400mm(各指を標準位置にした場合)、重量が約400g、持ち上げ可能荷重は、つかむ場合が約600gで指にかける場合が約60gとなっている。部品点数は201点で工作時間3時間。価格は3520円(税込)だ。

photo

メカクリッパーは、ベース、肩、ひじ、グリッパーの4つの軸を、1つのモーターとギアを組み合わせて動かすことができるロボットアームだ。2本のジョイスティックで操作し、グリッパーは4ツメモードと2ツメモードを選択可能。それぞれ横向きと下向きに設定できるため、クレーンゲームや積み木運びなどさまざまな動作に対応する。

photo

部品点数が310点で工作時間が4時間超となり、エレキットシリーズで最高難易度になる。ギア機構の仕組みが学べるという。サイズは約260×165×520mm(アームを伸ばした時)、重量は約600g、持ち上げ可能荷重は約50g。単1アルカリ乾電池2本で駆動し、価格は4840円(税込)だ。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る