新しいものづくりがわかるメディア

RSS


きれいな空気と音楽が出てくるヘッドホン——ウェアラブル型空気清浄機の特許を出願 ダイソン

Dyson/Intellectual Property Office

近年、大気汚染や花粉、コロナウイルスなどによる健康への悪影響が懸念されるケースが増えているが、イギリスの家電メーカー大手ダイソンが、頭部に装着するヘッドホン型のウェアラブル空気清浄機の特許を申請していることが明らかになった。特許は2018年1月23日に出願され、2020年1月29日に公開されたものだ。

これまでも、一般的なフェイスマスクのように口と鼻を覆う必要のない空気清浄機を開発しようとする様々な試みがなされてきた。例えば首の周りに装着し、口と鼻に向かって上向きに空気を噴射するものや、ヘッドホンのような頭部装着型で、マイクの部分から空気を供給するものなどだ。

ダイソンが出願したウェアラブル空気清浄機は、耳に装着する2つのスピーカーを備えたヘッドホン型のものだ。明細書によると、当該機器はフィルターアセンブリー、フィルターアセンブリーを通じて気流を作り出すためのインペラ、インペラを動かすために配置されたモーター、スピーカーアセンブリから濾過された気流を放出するためのフィルターアセンブリー下流の排気口、そしてスピーカーアセンブリから濾過された気流を受け取り、放出するノズルから構成されている。

今回ダイソンが申請した特許案件がそのまま製品化されるかどうかは不明だが、もし、フェイスマスクのように口と鼻を覆う必要がなく、かつ大気汚染や花粉、ウイルス対策に効果的な空気清浄機が登場すれば、画期的な発明品となるだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る