新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、「メガローバー」向けにROS対応3Dシミュレーター配布開始

ヴイストンが、2輪駆動の大型台車ロボット「メガローバー」のROSプログラム動作などが確認できる「ROS対応3Dシミュレーターモデル メガローバー版」の配布を開始した。

photo

同社によると、メガローバーの開発では、動作プログラムの開発や検証時に一定の空間や動作上の安全確認が必要になるなど、プログラム開発上大型の機体である同機独自の課題があった。

photo

今回配布するシミュレーターは、オープンソースの3Dシミュレーター「Gazebo」に対応したモデルファイルで、Gazebo上で仮想的にメガローバーを動作させるものだ。これにより実機がなくても基本的なプログラム動作確認ができ、シミュレーター上でプログラムのブラッシュアップを済ませた後に実機で動作確認するという工程で、効率よく開発を進めることができるようになる。

photo

また、同シミュレーターを使用することで、想定通りに動作しない場合の原因がプログラムなのかハードウェアなのかなどの切り分けも容易になる。さらに、実機がなくてもプログラム確認を進めることができるので、複数人でロボット本体を共有する場合でも、効率よく開発を進めることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る