新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、「メガローバー」向けにROS対応3Dシミュレーター配布開始

ヴイストンが、2輪駆動の大型台車ロボット「メガローバー」のROSプログラム動作などが確認できる「ROS対応3Dシミュレーターモデル メガローバー版」の配布を開始した。

photo

同社によると、メガローバーの開発では、動作プログラムの開発や検証時に一定の空間や動作上の安全確認が必要になるなど、プログラム開発上大型の機体である同機独自の課題があった。

photo

今回配布するシミュレーターは、オープンソースの3Dシミュレーター「Gazebo」に対応したモデルファイルで、Gazebo上で仮想的にメガローバーを動作させるものだ。これにより実機がなくても基本的なプログラム動作確認ができ、シミュレーター上でプログラムのブラッシュアップを済ませた後に実機で動作確認するという工程で、効率よく開発を進めることができるようになる。

photo

また、同シミュレーターを使用することで、想定通りに動作しない場合の原因がプログラムなのかハードウェアなのかなどの切り分けも容易になる。さらに、実機がなくてもプログラム確認を進めることができるので、複数人でロボット本体を共有する場合でも、効率よく開発を進めることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る