新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、「メガローバー」向けにROS対応3Dシミュレーター配布開始

ヴイストンが、2輪駆動の大型台車ロボット「メガローバー」のROSプログラム動作などが確認できる「ROS対応3Dシミュレーターモデル メガローバー版」の配布を開始した。

photo

同社によると、メガローバーの開発では、動作プログラムの開発や検証時に一定の空間や動作上の安全確認が必要になるなど、プログラム開発上大型の機体である同機独自の課題があった。

photo

今回配布するシミュレーターは、オープンソースの3Dシミュレーター「Gazebo」に対応したモデルファイルで、Gazebo上で仮想的にメガローバーを動作させるものだ。これにより実機がなくても基本的なプログラム動作確認ができ、シミュレーター上でプログラムのブラッシュアップを済ませた後に実機で動作確認するという工程で、効率よく開発を進めることができるようになる。

photo

また、同シミュレーターを使用することで、想定通りに動作しない場合の原因がプログラムなのかハードウェアなのかなどの切り分けも容易になる。さらに、実機がなくてもプログラム確認を進めることができるので、複数人でロボット本体を共有する場合でも、効率よく開発を進めることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る