新しいものづくりがわかるメディア

RSS


技術評論社、C言語を使う技術者向け「C言語ではじめるRaspberry Pi徹底入門」発刊

技術評論社は、C言語での開発環境に身を置くエンジニア向けのRaspberry Piの解説書「C言語ではじめるRaspberry Pi徹底入門」を発売する。

photo

C言語は現在でも理工系教育現場におけるプログラミング導入教育や組み込み系の開発現で多用されている。同書は、普段からC言語を多く使う現場や環境に身を置くエンジニア向けのRaspberry Piによる電子工作の解説書だ。

OSやプログラム開発環境のセットアップ、C言語で書かれたライブラリ「WiringPi」 を使ったGPIO制御、カメラモジュールや自走ロボットのアクチュエーター制御などについて解説。さらに必要なパーツの型番も記載しており、自作する際のパーツ購入も簡単にできる。

著者は菊池達也氏、監修は実践教育訓練学会でページ数は352ページ。2020年4月13日の発売で価格は3278円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る