新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI×IoTで自宅でも畑とつながる——「ハタムスビ」にスマート体験農園システムが連携

マイファームが展開する「ハタムスビ」は、Rootの開発した「スマート体験農園システム」との連携を開始した。これにより、AI×IoTを活用することで、自宅から畑とつながるサービス「ハタムスビあそぼ」の提供を開始する。

ハタムスビは未活用の畑や空き地を活用したい人と、野菜作りを生活に取り入れたい人をつなげるマッチングサービスだ。2019年にリリースされ、関東を中心にマッチング数を増やしており、生活の中への農の接点を作っている。

同サービスの特徴の一つが「ハタムスビBOX」だ。マッチングした各区画に一つずつ設置される専用ボックスで、道具を置いておけるので、農園には手ぶらで来園できる。利用者のチェックインカウントや設置場所のピンポイント天気予報などに加えて、今後はITサービスを提供するためのテクノロジーを搭載する予定だ。

今回のスマート体験農園システムとの連携により、ハタムスビの畑で野菜を作った後、自宅に帰った後でもWEBを通じて利用区画の様子を確認できるようになった。VRやドローンによる畑の映像や、気象データによる予測シミュレーター、Twitter上での「ハタムスビくん」とのAIチャット、BOXの畑チェックイン機能と連携したランキングなど、さまざまなサービスも提案するという。ユーザーが撮影した動画や写真、ランキングなどはRootの「ハタムスビあそぼ」上で閲覧できる。

今後は新型コロナウイルス終息後を見据えて、畑を耕すという健康な暮らしと自宅でも楽しめる実益と趣味を兼ねたライフスタイルの提供を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る